• イベント・学習

講座・催し物

小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い

「生き物のふしぎにせまる~動植物はどうやって重力を感じるのだろう~」

大隅良典 栄誉教授(東京工業大学)、瀬原淳子 教授(京都大学)、 森田(寺尾)美代 教授(名古屋大学)

2018年6月3日(日曜)

1

2018-04-27

事前申し込み不要・当日受付

2018-06-03

2018-06-03

2018-05-25

1

2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典栄誉教授が設立した、大隅基礎科学創生財団が、次世代を担う小中高生に基礎科学の面白さや大切さを理解してもらうために、神奈川県教育委員会と共催で「小中高生と最先端研究者とのふれ合いの集い」を開催します。
当日は、最先端研究者による講演に加えて、講演に関連した実験や観察などを体験していただく予定です。
講演は中高生レベルの内容ですが、小学生でも充分に楽しめるプログラムとなっています。

 

 

ノーベル賞受賞者・大隅良典 栄誉教授からのメッセージ

現在、素晴らしい勢いで、生命の謎が解かれつつあります。将来の日本の未来を担う小中高生の皆さんに生物学の面白さを感じて貰う機会を持ちたいという願いから、大隅基礎科学創成財団の活動の一つとして今回の集いを企画しました。今回はその記念すべき第1回目です。お二人の講師は、国際的にも活躍されている先生達です。話の後、皆さんと私たちで直接話をしたり、観察を体験できるような時間も設けました。是非沢山の方の参加を期待しています。

 

プログラム

【開会あいさつ】大隅良典 栄誉教授(2016年ノーベル生理学・医学賞受賞者)

 

【話題1】動物が重力を感じるしくみと反応~人は宇宙に長くいるとどうなるのか~

講師:瀬原淳子 教授(京都大学)

 

【話題2】植物が重力を感じるしくみと反応~植物は宇宙で育つとどうなるのか~

講師:森田(寺尾)美代 教授(名古屋大学)

 

【つどい】会場の全員による観察、質問、科学おしゃべり



※係員がイベント中に記録写真を撮影し、イベントの活動報告や今後の広報活動に使用します。差し支えがある方は予めお知らせください。

 

講演会情報

場所 神奈川県立生命の星・地球博物館 SEISAミュージアムシアター
開催時間 13時から16時(12時30分より受付開始)
対象 神奈川県内の小学校・中学校・高等学校に通う児童・生徒および参加小学生の保護者 (申し込み者が一校にかたよった時には調整することがあります)
定員 100人(申し込み順)
料金 無料
申込方法 事前に大隅基礎科学創成財団ウェブサイトからお申し込みください。
※申し込みは終了しました。

 

申込締切日 2018年5月25日(金曜)
主催 一般財団法人 大隅基礎科学創成財団外部リンク
共催 神奈川県教育委員会
後援 小田原市教育委員会

 

問合せ先

詳しくは大隅基礎科学創成財団までメールでお問い合わせください。
大隅基礎科学創成財団事務局Eメール:office@ofsf.or.jp