• イベント・学習

講座・催し物

友の会主催 第7回 生物間共生講演会

イチジク植物とイチジクコバチの共生と共進化

講師:蘇 智慧(そ ちけい)氏 (JT生命誌研究館 主任研究員/大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻 招聘教授)

2019年11月16日(土曜)

1

2019-11-02

事前申し込み不要・当日受付

2019-11-16

2019-11-16

2019-11-11

0

講演:「イチジク植物とイチジクコバチの共生と共進化」

イチジクは「無花果」と書きますが、実は我々が見えている「実」という器官は花の集合体で、花嚢(かのう)と呼ばれます。その花嚢の内側には沢山の花が咲いています。しかし、その花嚢は最後まで開かないため、他の植物のように風などによる受粉はできません。そこで、イチジクの授粉者に特化したのは、花嚢の先端にある、とても小さな穴を出入りできる、体長わずか1~2mm程度のイチジクコバチです。花粉を運んでもらう代わりに、イチジクは一部の花をコバチに提供し、コバチはその花に卵を産み、子供コバチが育ちます。両者の間は子孫を残すために、切っても切れない共生関係で結ばれています。

イチジクには多くの仲間がいます。熱帯を中心に世界で約750種、日本には16種、果物のイチジクはそのうちの1種です。これまでの研究成果を交えながら両者の持ちつ持たれつの関係の仕組みとその進化・種分化について考えてみたいと思います。


内容 

午前 共生関係の仕組みの話
午後 進化・種分化の話 イチジクの花嚢とイチジクコバチの標本観察

 

講演会情報

場所 神奈川県立生命の星・地球博物館 3階実習実験室
開催時間 10時30分から15時
対象 小学校高学年以上
定員 40名
料金

友の会会員:1,100円 非会員:1,500円

(参加者の総数が30名を越えた場合、参加費の割引を行います)

※博物館の展示見学には、観覧料が必要です。

 

申込方法 講演会に参加希望される方は下記の注意事項をお読みの上、講演会名、氏名、住所、電話番号を明記し、電子メールでお申し込みください。
電子メールでの申込先:c.akahori@gmail.com

 

申込締切日 2019年11月11日(月曜)
注意事項
  • 応募多数の場合は先着順となります。
  • キャンセル待ちの対応は行いません。
  • 締め切り日より前に、受講者を決定することはありません。
  • 締め切り日必着です。締め切り日を過ぎてのご応募は、原則として無効となります。
  • 昼食は各自でご用意ください。(博物館内には、レストランがあります。)
  • 集合場所や必要な持ち物は、電子メールでお知らせします。
  • 博物館へは、できるだけ公共交通機関を利用してお越しください。
  • 日程は天候や講師の都合により変更することがあります。
  • 提供された個人情報は、取扱目的の範囲内で利用します。個人情報は、法令等の規定に基づく場合や本人の同意がある場合など一定の例外にあたる場合を除き、取扱目的以外の目的に利用したり第三者に提供することはありません。

 

友の会
事務局
〒250-0031 小田原市入生田499 神奈川県立生命の星・地球博物館友の会事務局
友の会ブログトップページ 外部サイト

 

問合せ先 詳しくは企画普及課までお問い合わせください。
〒250-0031 小田原市入生田499 神奈川県立生命の星・地球博物館 企画普及課
電話:0465-21-1515  FAX:0465-23-8846