• イベント・学習

ミュージアムライブラリ・本の紹介

2013年6月4日更新

のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト

著者:三輪 一雄 作・絵

(ミワ カズオ)

のんびりオウムガイ<br />とせっかちアンモナイト

のんびりオウムガイ
とせっかちアンモナイト

ISBN 978-4-03-312150-5

博物館でも大人気のアンモナイトですが、アンモナイトそっくりな生き物が今も生き続けていることを知っていますか?彼らの名前はオウムガイといいます。アンモナイトと似た、巻貝のようなカラを持った深海に暮らす生き物です。

そんなそっくりな彼らですが、なぜアンモナイトは絶滅してしまったのにオウムガイは今も生きているのでしょうか?
いったいどこが違うのでしょう?
どっちが先に生まれたの?
カラがあるから貝の仲間なの?
そんなオウムガイとアンモナイトにまつわる素朴な疑問に答えてくれる1冊です。
表紙裏の『オムオム通信』と『アモアモ通信』も必見です。

出版社:
偕成社
出版年月日:
2006年11月1日