• イベント・学習

過去の講座の様子/イベント報告

講座名 おやこで貝がらを知ろう
開催日 2017年5月5日
場所 当博物館 実習実験室
講師 (学芸員)佐藤武宏・田口公則
講座内容

工作や作業をしながら貝がらの特徴を調べたり、かたちの面白さを学んだりしました。小学校低学年から参加できるように、難しい用語は使わずに、まずは貝がらに親しんでもらうことを目的としました。小さなお子さんでも集中力が続くように、20~30分完結のショートプログラムをいくつか用意して、次から次へとテンポよく進めました。

 1.貝がらの中がどのようになっているか、寒天を流し込んで型取りをしました。講座の最初に寒天を流し込み、講座の終わりまで待って冷やし固めました。  2.巻貝の断面をこすり出して、貝がらの中がどうなっているかを写し取ります。  3.どんな貝を写し取ったか、見本を参考に、貝の名前を書き写します。
1.貝がらの中がどのようになっているか、寒天を流し込んで型取りをしました。講座の最初に寒天を流し込み、講座の終わりまで待って冷やし固めました。 2.巻貝の断面をこすり出して、貝がらの中がどうなっているかを写し取ります。 3.どんな貝を写し取ったか、見本を参考に、貝の名前を書き写します。
 4.真珠養殖に使われるアコヤガイの殻の内側には、真珠層とよばれるキラキラした面があることを確認しました。  5.殻を紙やすりで削り、キラキラした真珠層をみがき出しました。貝がらチップはストラップに加工します。  6.冷やし固めた寒天を、糸をたよりに抜き出しました。貝がらの中がグルグル巻きの「らせん」になっていることを確認しました。
4.真珠養殖に使われるアコヤガイの殻の内側には、真珠層とよばれるキラキラした面があることを確認しました。 5.殻を紙やすりで削り、キラキラした真珠層をみがき出しました。貝がらチップはストラップに加工します。 6.冷やし固めた寒天を、糸をたよりに抜き出しました。貝がらの中がグルグル巻きの「らせん」になっていることを確認しました。