• イベント・学習

過去の講座の様子/イベント報告

講座名 春の地形地質観察会
開催日 2014年5月10日
場所 箱根姥子~大涌谷周辺
講師 (学芸員)笠間友博・山下浩之・平田大二・新井田秀一・石浜佐栄子
講座内容

桃源台から大涌谷に登るハイキングコースを歩き、流れ山などの地形や堆積物を見ながら、約3千年前に神山が崩壊し早川をせき止め現在の芦ノ湖を作った出来事をふり返りました。大涌谷では、4月オープンの「箱根ジオミュージアム」も見学しました。好天に恵まれ、箱根外輪山、愛鷹山、富士山など周辺の地形も合わせて観察することができました。

1.箱根ビジターセンター前:ここは箱根ジオパークの拠点施設の1つです。 2.金太郎岩(流れ山):崩壊堆積物の斜面上には大きな岩塊が存在し流れ山と呼ばれています。 3.姥子:冠ヶ岳を取り囲む急斜面は崩壊の跡で、左側の下部に大涌谷があります。
1.箱根ビジターセンター前:ここは箱根ジオパークの拠点施設の1つです。 2.金太郎岩(流れ山):崩壊堆積物の斜面上には大きな岩塊が存在し流れ山と呼ばれています。 3.姥子:冠ヶ岳を取り囲む急斜面は崩壊の跡で、左側の下部に大涌谷があります。
4.大涌谷噴気地帯:背後に神山崩壊後に形成された冠ヶ岳が見えます。 5.大涌谷駐車場:周辺の地形を観察しました。 6.大涌沢:温泉造成施設と砂防工事の様子を見ました。
4.大涌谷噴気地帯:背後に神山崩壊後に形成された冠ヶ岳が見えます。 5.大涌谷駐車場:周辺の地形を観察しました。 6.大涌沢:温泉造成施設と砂防工事の様子を見ました。