• イベント・学習

過去の講座の様子/イベント報告

講座名 中学生火山講座
開催日 2014年12月14日
場所 大磯丘陵西部(大井町)
講師 (学芸員)笠間友博・山下浩之
講座内容

御殿場線上大井駅から徒歩で、大井町メガソーラー施設(きらめきの丘おおい)に向かい、まず地形観察、そこから菊川支流の谷に降り、多摩ローム層中の火山灰層や川床レキの観察を行いました。午後はメガソーラー施設内に上がり、周辺の地形と施設内に保存されている露頭の観察を行いました。
この観察会は大井町の協力の下で行われたもので、同教育委員会の一寸木 肇氏には当日も、いろいろとご支援を頂きました。

1.メガソーラー手前での地形観察では、足柄山地と箱根火山の山容の違いを観察しました。 2.菊川支流の谷底に降りて行きます。 3.多摩ローム層のTCu-1(Tm-2)、粗いスコリアや軽石からなる厚い堆積物です。
1.メガソーラー手前での地形観察では、足柄山地と箱根火山の山容の違いを観察しました。 2.菊川支流の谷底に降りて行きます。 3.多摩ローム層のTCu-1(Tm-2)、粗いスコリアや軽石からなる厚い堆積物です。
4.多摩ローム層のTB-9(Tm-21)、角閃石を含んだ細粒の軽石層です。 5.天候にも恵まれ、メガソーラー施設からは、箱根火山や伊豆半島方面の地形観察ができました。 6.メガソーラー内で保存されている東京軽石層の露頭を観察しました。下位には降ってきた軽石層、上位には火砕流(軽石流)の地層が見られます。
4.多摩ローム層のTB-9(Tm-21)、角閃石を含んだ細粒の軽石層です。 5.天候にも恵まれ、メガソーラー施設からは、箱根火山や伊豆半島方面の地形観察ができました。 6.メガソーラー内で保存されている東京軽石層の露頭を観察しました。下位には降ってきた軽石層、上位には火砕流(軽石流)の地層が見られます。