• イベント・学習

過去の講座の様子/イベント報告

講座名 秋からの授業に役立つ先生のための標本活用講座
開催日 2015年8月11日
場所 当博物館実習実験室
講師 (学芸員)広谷浩子・加藤ゆき
講座内容

小学校理科4年「ヒトの体のつくりと運動」、小学校理科6年「体のつくりとはたらき」、中学校理科「動物の生活と種類」、高校生物「生物の進化と系統」に関する教員向けの講座です。博物館で収蔵している哺乳類や鳥類、爬虫類などの標本を活用した理科の授業の展開例について紹介し、骨格の組み立てやそれらの比較などの実習を行いました。

1. 講座の日程を説明 2. 組み立て前にタヌキの骨を手にとってどの骨がどこの部分なのかを考える 3. カモシカの全身骨格を組み立てる
1. 講座の日程を説明 2. 組み立て前にタヌキの骨を手にとってどの骨がどこの部分なのかを考える 3. カモシカの全身骨格を組み立てる
4. 全身組立て骨格標本を見ながらカメの骨を並べる 5. 全身組立て骨格標本を見ながらペリカンの骨を並べる 6. 授業での標本の活用例と取扱い方法についてレクチャー
4. 全身組立て骨格標本を見ながらカメの骨を並べる 5. 全身組立て骨格標本を見ながらペリカンの骨を並べる 6. 授業での標本の活用例と取扱い方法についてレクチャー