• 展示

神奈川の自然を考える - 神奈川の大地のおいたち

神奈川の大地のおいたち

私たちのすんでいる「神奈川の大地」が、どのように変化し、どのように形成されてきたか、地層や岩石、化石などの証拠をもとに、「神奈川の大地」の生い立ちを探ります。

神奈川展示室・神奈川の大地のおいたち

大地のおいたち

日本列島の基礎(きそ)をつくっている岩石は、主にアジア大陸のそばの海溝でつくられました。海洋の深い海底に静かにたまった軟泥(チャート)や暖かい海でつくられたサンゴ礁(しょう)(石灰岩)などが、プレートに乗って大陸のそばまで移動し、大陸から運ばれた土砂といっしょになって大陸側につけたされました。第三紀中新世になって大陸の端が割れて日本海が開き、大陸から離(はな)れて日本列島が形づくられていきました。

小仏層群の堆積した時代

神奈川県で最も古い地層は、相模湖(さがみこ)や津久井湖の付近にある「小仏層群(こぼとけそうぐん)」で、「砂岩」や「粘板岩(ねんばんがん)」とよばれる砂や粘土の積み重なりからできています。中生代白亜紀(はくあき)から新生代第三紀の漸新世(ぜんしんせい)(およそ1億年前から3,000万年前)にかけて、アジア大陸の東のはしでできた地層です。小仏層群と同じ時代にできた地層は、赤石山地に分布する「瀬戸川層群」や、おもに紀伊半島から九州にかけて分布している「四万十帯(しまんとたい)の地層群」です。

丹沢の海の時代

新生代第三紀の中新世の中ごろは、地球の気温が上がり、世界的な海進(かいしん)の時代でした。この海進を示す地層には、現在の熱帯にすむものに近い貝類や有孔虫(ゆうこうちゅう)類の化石がふくまれていて、当時の日本が熱帯のような気候であったと考えられます。また、海辺にはデスモスチルスのような動物が栄えていました。丹沢は、まだ南の海の中にあり、海底火山の活動をつづけていました。溶岩や噴出物によって浅い海になったところには、サンゴ礁(しょう)がつくられていました。

丹沢の衝突、伊豆の衝突

南の海でつくられた丹沢山地(たんざわさんち)は、プレートに乗って北へ移動し、およそ500万年前に本州へ衝突(しょうとつ)しました。伊豆半島も、同じように、およそ100万年前に丹沢山地の南がわに衝突したと考えられています。衝突された方の陸地は、はげしく隆起(りゅうき)し、そこからたくさんの礫(れき)が南がわの海に流れこみ、関東山地と丹沢山地のあいだにある落合礫岩(れきがん)層、丹沢山地と伊豆半島のあいだにある足柄層群(あしがらそうぐん)の厚い礫岩層をつくりました。

第四紀の環境変遷

新生代第四紀(およそ165万年前~現在)は、氷期と間氷期をくり返した氷河時代です。氷期には、水が氷として極地にたくわえられたため、海面は低くなり、陸地が拡大しました。とくに、海面が大きく下がったときには、日本列島とユーラシア大陸が陸つづきとなり、大陸からはゾウやシカ、さらに人類がやってきました。間氷期には海面が上がり、陸地のおく深くまで海が入りこみ、複雑な地形をした入江が多くできました。

活発な火山活動

湯河原(ゆがわら)火山、箱根火山、富士火山などの火山は、第四紀更新世(こうしんせい)の中ごろから完新世(かんしんせい)にかけて活発に活動しました。神奈川県の大地や丘陵(きゅうりょう)は、これらの火山の噴火で飛びちった火山灰層におおわれています。赤褐色(せきかっしょく)の火山灰層は、玄武岩質や安山岩質の火山放出物ですが、まれに赤褐色火山灰層のあいだにはさまれている白っぽい軽石層は、火山活動がデイサイト質の爆発的(ばくはつてき)な噴火に変わったときに放出されたものです。

縄文の海と森

およそ6500年前から5500年前は、暖かな気候で、海面は、いまより2~3m高く、出入りの大きいリアス式海岸がつくられました。入江には、魚や貝がたくさんいて、海岸の高台には縄文人の住居がつくられました。縄文人が食料とした貝は、貝塚として残されています。豊かな森には、食料となるドングリやクリをはじめ、果実がたわわに実り、シカやイノシシなどの動物も多く、縄文人はそれらを食料としていました。

神奈川展示室・相模湾に生きる

相模湾に生きる

相模湾は、暖流と寒流の両方の影響を強く受けています。また、海底が変化に富んでいるため、多様な海の生き物たちが見られます。それらの生き物たちを紹介し、そのルーツを探ります。

貝化石が語る相模の海

およそ100万年前、南の海から北上してきた伊豆半島が丹沢山地に衝突し、最初の相模湾が誕生しました。その海の底には、丹沢山地から流れでるたくさんの土砂が厚く堆積(たいせき)しました。その地層が、松田から山北にかけての足柄山地(あしがらさんち)をつくる足柄層群です。そこで見つかる貝化石は、現在の相模湾の貝類と同じ種類です。このことから、現在とよく似た環境の海が、山北町谷峨(やが)付近まで広がっていたことがわかります。

相模湾の生きている化石

脊椎(せきつい)動物のミツクリザメやラブカ、無脊椎(むせきつい)動物のオキナエビスガイやトリノアシなどは、相模湾の深い海で生活しています。これらの生き物たちは、地質時代の生き物とその姿を大きく変えることなく、いまも生きつづけており、「生きている化石」とよばれています。相模湾は、生きている化石が多く生活していることで、世界的にもよく知られています。

相模湾に生きる多様な生き物たち

相模湾(さがみわん)では、さまざまな生き物たちが生活しています。相模湾は南に開いていて、湾の入り口が広いため、海流の影響(えいきょう)を強く受けています。とくに、暖かい黒潮(暖流)の影響で、熱帯や亜熱帯にすむ生き物が数多く見られます。一方、冷たい親潮(寒流)も流れこむため、北の冷たい海にすんでいる生き物も見られます。また、湾の中央部は水深1000mをこすため、深い海に生活する生き物も見られます。

  • 相模湾にみられる魚類
    相模湾(さがみわん)には、およそ1000種の魚が生活しています。シロギスやメジナのように一生を湾内ですごす魚のほかに、カツオやマグロなどの外洋の魚や、サバやブリなど沿岸を広く回遊する魚が季節ごとに入ってきます。ベラやチョウチョウウオの仲間など、南の暖かい海で生活している魚も卵のときに黒潮に乗ってやってきます。メバルやアイナメなど、冷たい海の魚も見られます。深海にすむリュウグウノツカイが海岸に打ち上げられることもあります。
  • 相模湾に見られるカニ類
    日本の海岸や沿岸に生活しているカニ類は、およそ1000種といわれています。このうち相模湾には、350種ほどが知られています。相模湾のカニ類は、日本の沿岸から東アジアの大陸だなに分布する種類と、日本の沿岸から西太平洋、インド洋にかけて広く分布する種類が大部分をしめています。このほか、熱帯の海や南半球に分布する種類、さらに、オホーツク海やべーリング海など冷たい海に生活する種類もすんでいます。

神奈川展示室・神奈川の大地に生きる

神奈川の大地に生きる

日本のほぼ中央にある神奈川県は、温暖な気候に恵まれています。また、地形の変化に富んでいるため、多様な生き物が見られます。神奈川の地域を特徴づける生き物を紹介し、そのルーツを探ります。

化石からのメッセージ

日本にも、亜寒帯の針葉樹林を生活の場とする巨大なシカ「ヘラジカ」がすんでいました。この標本は、神奈川県海老名(えびな)市で発見された、日本ではじめてのヘラジカの角の化石です。この発見で、新生代第四紀の終わりごろ(更新世(こうしんせい)後期=今からおよそ10数万年前から1万年前まで)の日本には、ヘラジカがすんでいたことがわかりました。

  • カムチャツカ半島のヘラジカ(オス)
    ヘラジカは世界最大のシカで、なかでも、アラスカ産のものがもっとも大きく、肩(かた)の高さ約2.2m、体重が700Kgにもなります。展示標本はカムチャツカ半島産のオスで、アラスカ産のヘラジカに近縁(きんえん)と考えられています。

氷河時代と生物の移動

氷期には大陸から多くの動物が移動してきました。北からは、ヘラジカやヒグマなど亜寒帯の動物が本州まで南下してきました。間氷期に入り気候が暖かくなると、亜寒帯の森林や草原が縮小し、ヒグマは本州からほろびてしまいました。一方、冷温帯林を生活の場としているツキノワグマは、ブナ林の回復によってすみよい環境(かんきょう)が広がり、その分布を広げることができたと考えられます。

  • ヒグマとツキノワグマ
    ヒグマは主にユ-ラシア大陸と北米大陸の亜寒帯から寒帯に分布し、森林帯とツンドラの境界地域や山岳草原などを生活の場としています。一方、ツキノワグマはユ-ラシア大陸東部の亜寒帯から温帯の森林地帯を中心に分布しています。
    2万年前までの氷期には、本州にもヒグマが生息していたことは、数ヵ所の地域で化石が出土していることから裏づけられています。気候の変動が現在の2種のクマ類の分布に大きな影響を与えたのです。

氷河時代を生き抜いたブナ帯の動植物

丹沢や箱根などの山地には、日本の代表的な冷温帯の落葉広葉樹であるブナの林がみられます。氷期には、神奈川県の平地は亜寒帯性の針葉樹林におおわれていました。その間、ブナ林の生き物たちは、太平洋沿岸の暖かく湿(しめ)りけの多い環境(かんきょう)にかろうじて生き残ったと考えられます。氷期が終わると、ブナ林は、日本海側を中心に、本州中部から東北地方、さらには北海道の南部にかけて急速に回復し、関東地方の太平洋側では、標高1,000m以上の山岳地帯に広がりました。神奈川県のブナ林は、氷河時代を生き抜いてきた生き物たちの宝庫です。

  • 固有種の多い日本のブナ林
    ある特定の地域だけに分布する生物を、その地域の「固有種」といいます。その地域の生き物たちやその成り立ちを考えるときに、固有種の生態学的、分類学的特徴や近縁種との関係などが大切な意味をもちます。日本には、シダ植物と種子植物を合せると約5,300種の植物が生育していますが、そのうちの約1,800種、34%が日本固有の植物です。さらに、レンゲショウマやオオモミジガサなど、属のレベルで固有なものも多くあります。これらの分布図を重ね合わせると、太平洋側の山地にはとくに固有種の多いことがわかります。
  • 日本と世界のブナ林
    ブナ属の植物は、新生代第三紀には、北半球を広くおおっていましたが、現在ではその一部に分布しているにすぎません。日本には、現在、ブナとイヌブナが生育し、アケボノイヌブナ、ムカシイヌブナなどの化石が知られています。これらのうち、純林をつくる代表的なブナが、日本のブナとヨーロッパブナです。ヨーロッパのブナ林は、最終氷期のあとに回復したもので、その林の構成種は貧弱(ひんじゃく)です。一方、日本のブナ林は、林床(りんしょう)にササや草本が多く、周辺に生育する植物の種類も豊富です。しかし、丹沢(とくに東丹沢)のブナ林では、シカの個体数が増えたためか、森林の構成種に大きなダメージが与えられています。また、ササが枯死している場所も多く見受けられます。

神奈川県を特徴づける生物

神奈川県の固有種は、植物では、丹沢の渓谷の岩はだに生えるサガミジョウロウホトトギス、昆虫では、横浜市の鶴見川の河川敷きに生息するヨコハマナガゴミムシ、丹沢のブナ帯に見られるタンザワナガゴミムシなどが知られているだけです。しかし、富士・箱根・伊豆など南部フォッサマグナ地域にまで範囲を広げれば、多くの固有種があります。

神奈川展示室・人と自然のかかわり

人と自然のかかわり

人が狩猟(しゅりょう)や採集の生活から農耕や牧畜(ぼくちく)の生活にうつったとき、自然の破壊(はかい)がはじまりました。神奈川のさまざまな自然環境とそこに生きる生物たちを知り、自然におよぼす人間の影響を探ります。

失われていく生き物たち

人は、社会をつくり、国をつくって活動し、人口の増加とともに生活の場を広げていきました。そのため、多くの生き物たちは、すみ場所を追われたり、捕えられたりしました。そして、人の影響がもたらした環境の変化により、あるものはその数を減らし、また、あるものは絶滅(ぜつめつ)してしまいました。いまや生き物たちの運命は、人の生き方にかかっています。

人の営みとギフチョウの盛衰

「春の女神」とよばれるギフチョウは、もともとは照葉樹林のへりでほそぼそと生活していました。やがて、人びとが「まき」や「炭」をとるためにつくった雑木林という明るい林ができると、ギフチョウはずっと多く見られるようになりました。ところが、昭和35(1960)年代以降の生活の変化は、人里のようすを大きく変え、ギフチョウは衰退(すいたい)の道をたどります。このように、ギフチョウの盛衰(せいすい)には、人間社会の活動が深くかかわってきました。

  • かつてギフチョウは丹沢山麓一帯から津久井にかけて広く分布していましたが、しだいに衰退してしまい、現在、確実に自然分布と考えられる個体群は津久井郡の一部に見られるだけとなってしまいました。藤野町のものは県指定天然記念物に指定され、保護策が講じられてきた結果、勢力を盛り返しつつあります。

雑木林の生き物たち

人がつくり出した雑木林は、季節によってそのすがたを変え、私たちの目を楽しませてくれます。また、雑木林は、植物や昆虫(こんちゅう)たちのすみよい生活の場となっています。そこには生物の種類も多く、季節や時間によって現れる種類が異なるなど、たがいに関係し合いながら、生活しています。ここでは、そのようすを親しみ深い昆虫で示してあります。

水田から林へ

水田は、もっとも人の手の加えられた自然の一つで、ちょっと手入れをおこたれば、あっというまに雑草がはびこってしまいます。そして、4~5年間も放置(ほうち)すれば、ヨシやオギ、ガマ、セイタカアワダチソウなどの背の高い草が生い茂り、水田の面影おもがげ)は消えてしまいます。やがてイヌコリヤナギやハンノキなどの樹木がめばえ、 30年もたてばハンノキの林へと移り変わります。

都市に生き残ったもの

都市ができることによって、その地に昔からすんでいた生き物のほとんどは、姿を消さざるをえませんでした。しかし、あるものは、しっかりと都市の中に生きつづけています。昆虫(こんちゅう)を例にとると、それらは都市のわずかな地面に生育する植物を食べるもの、庭木や街路樹にたよって生活するものなどが中心となっています。

  • タブノキやクスノキはもともと海岸近くの暖地に多く生育していますが、公園や工場などの緑化に好んで植えられています。アオスジアゲハの幼虫はこうしたクスノキ科植物を食べることで、都市の中でも栄えているのです。

外国からやってきた生き物たち

時代が進むにつれ、外国との交流がさかんになりました。それにともないさまざまな方法で、海外の生物が日本にやってくるようになりました。なかでも横浜は、貿易港(ぼうえきこう)として外国の産物がたくさん入ってきますから、その機会も多くなります。外国からきた生き物たちのうち、日本の環境(かんきょう)に適応し、すみついたものを「帰化生物(きかせいぶつ)」といいます。開発によって競争相手や天敵(てんてき)の少なくなっている都市は、それらの生物の新天地となります。

「神奈川」はいま

山地から丘陵(きゅうりょう)・平地、浜辺から岩礁(がんしょう)と、神奈川県内の自然環境(かんきょう)は変化に富んでいます。空から見た環境と、そこに生きる生物たちを、山から海に向かって連続的に見ていきます。