みなかん

相模湾の蟹・かに・カニ
<酒井コレクションからご紹介>
海の生き物の中で、古代から愛された存在はカニではないだろうか。千変万化といってはおおげさかもしれないが、実に多彩な姿に魅せられる。食につながるものであることも好かれる理由となろう。
生物分類学では、カニやエビは言うまでもなく節足動物甲殻類に属している。不思議なことに、海には同じ節足動物でありながら、昆虫がほとんどいない。変態をとげて大きくなることでも甲殻類と昆虫類は全くよくにた存在であり、両者ともに現在大繁栄を遂げているグループであるという点でも共通点がある。立派な棲み分けと言えるであろう。
かに

相模湾のあらまし
河口や干潟のカニ
砂浜のカニ
岩浜のカニ
浅い海のカニ
深い海のカニ
和名と学名に相模湾やその周辺地域の名がついたカニ

[表紙へ戻る]

Copyright(C)1999 南関東地域科学系博物館ネットワーク
協議会事務局