みなかん

川崎青少年科学館
生田緑地を中心とし、多摩川を含む川崎の自然に関する常設展や
プラネタリウム、天体望遠鏡の設備を利用した科学映画会・自然観察会・自然科学教室など
自然に関する理解を図る。 詳しくは公式ホームページをご覧ください。
外観

トピックス

子ども、青少年を対象にした生涯学習プログラムの提案活動
1 少年自然科学探検隊
小学生を対象に、野外でさまざまな自然界の営みと仕組みに気付かせ、抱いた疑問を指導者(小学校の教員、理科研究会の協力)のアドバイスで自ら解決させる。疑問を解決する過程を大切にすることにより、自分で考える習慣が身につき、自然の理解と自然環境の大切さを知ることができる。
9年度の小学校理科研究会との打合せ、組織づくりの準備、研修等をふまえ、10年度は、生田緑地、多摩川中流・河口等を観察場所に月1回の観察会、八ケ岳への宿泊探検、他の博物館見学を行い、提出された研究結果や感想文を「探検新聞」に掲載したり、年度末に文集にまとめる。
 
3 おもしろ自然実験
第2・第4土曜日を利用して、小中学生を対象に、地域社会の幅広い人材を活用して、学校で出来ない科学の実習実験を行い、自然科学の面白さと不思議さに触れさせ、自然への理解と科学的探求心を育てる。そして、科学に関する疑問を課題として、指導者のアドバイスを受けながら実験実習を行い、研究結果報告書をまとめ、発表会を開催する。
9年度のプログラム検討等をふまえ、10年度は研究者、評論家、大学講師等を指導者に15回の講座を開催し、活動成果を小冊子としてまとめる。
 
19 自然観察ガイド
生田緑地を訪れる親子や市民を対象に、館が育成するボランティアが、緑地内の動・植物の自然観察ガイドを行い、地域の自然への関心、環境への理解を深めてもらう。ガイドボランティアは100人程度の登録者をめざし、研修会やボランティア通信の発行を行う。
9年度のボランティアの組織づくりや環境整備の準備をふまえて、10年度は毎日曜日ごとの市民による自然観察ガイド(35回)、資質向上のための学習会、講演会(6回)、自然愛好グループネットワーク化のための雑木林勉強会(6回)等をおこなうほか、他博物館の類似ボランティアとの情報交換、交流会等を行う。
 
21 データベースの構築
館のフィールドである川崎市内、多摩川周辺及び生田緑地内の自然資料の収集と提供を行うデータベースを構築し、通信回線を介して家庭、学校等からの情報収集を可能にするとともに、館内部においてもタッチパネルを利用した展示により子ども達でも容易に資料検索ができる環境を整備する。
このことにより、子ども達を含む市民の自然観、生命観の涵養に貢献する自然科学館としての役割を果たしていく。
9年度におこなったデータベースの基本構想や仕様の決定等をふまえて、10年度はデータベースの構築をすすめ、専用回線で結んだ小中学校をはじめとする教育施設等との間で情報のやり取りをおこなう。また、より質を高めていくための情報の収集、双方向の資料検索が可能となる館内ネットワークを整備する。


博物館へのアクセス
■開館時間 ●午前9時30分〜午後4時45分

■休館日
●毎週月曜日(祝日の場合は開館)
●祝日の翌日(土曜日・日曜日の場合は開館)
●年末年始・館内点検日(12/28〜1/4)その他、祝日とかさなる場合についてはお問い合わせください。


■交通案内
●JR南部線 登戸駅から徒歩20分
●小田急線 向ヶ丘遊園駅から徒歩15分

■休館日
●毎週月曜日、ただし月曜日が祝日のときはその翌日、年末・年始

■入館料
●入館は無料。プラネタリュームの観覧料は有料。

■住所
●川崎市多摩区枡形7-1-2 電話044-922-4731
生田緑地MAP
生田緑地MAP小
[拡大図を見る]


トピックス
[拡大図を見る]

[表紙へ戻る]

Copyright(C)1999 南関東地域科学系博物館ネットワーク
協議会事務局