みなかん

トンボ
奇石ロゴ
THE KISEKI MUSEUM OF WORLD STONES

固いと信じていた石がクニャリと曲がってしまったり、木槌で石をたたけばまるでお寺の鐘のようだったり、
石の下の文字がその表面に浮き出したり。今にも動き出しそうな石のトンボ、暗黒で赤・青・黄色と光を放つ石たち。
奇石、宝石、化石、岩石、鉱物、鉱石・・・石と名のつくものが勢揃い。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

ロゴ

【奇石について】博物館の名前となっている「奇石」の語源は....

1998年度(平成10年度) 子ども、青少年を対象にした生涯学習プログラムの提案活動
自然観察路ネイチャートレイルの整備
自然の宝庫でありながら適当な観察路が整備されていない富士山周辺に、子ども達の参加のもとに自然観察路を作成し、この体験を通じて、自然観察の習慣や自然とのつき合いかたを身につけ、自然保護のモラルを養う。
事業の手順としては、ルート検討、子ども達との現地調査、ガイドブック作成、名板・看板の作成と設置、観察会の実施と進める。
9年度のルートの決定から名板・看板の作成の成果をふまえ、10年度は、設定した観察路をのせたガイドブックを作成し参加者に無料配布するとともに、観察路を舞台にした観察会を年6回開催する。開催する観察会では毎回、講師、視点、手法をかえて実施しネイチャートレイルの教育的な効果を検証する。

1999年度(平成11年度) 子ども、青少年を対象にした生涯学習プログラムの提案活動
主題、手法を変えた観察会を5回実施します。
これには前年度の事業で様々な試作を経て完成したガイドブックを中心にして、講師は補助役に徹し参加者の自立を促すものにします。募集では前年度成果が得られなかった学校との連携を更に進め学校・博物館・自然保護活動団体の有機的なネットワークの推進を目指します。

観察会の主題は下記のようになります。

  1. 営林署事業と学校・博物館の連携
  2. 森林インストラクター協会等と学校・博物館の連携
  3. ボランテア作業と学校・博物館の連携
  4. 教師・博物館の連携
  5. 総括的なネットワーク他館との連携

今年度は、最後に有効だった観察会を定番観察会としてまとめます。また、小グループでの自立観察会支援として博物館への申込者にガイドブックを配布しアンケートの回収を行います。更にガイドブックの改訂増刷を行う予定です。

博物館へのアクセス

ロゴ ■開館時間
午前9時00分〜午後5時00分

■入館料
大人・・・・700円
小中高・・・300円
団体20名以上1割引・団体100名以上2割引

■入館無料日(小・中・高生のみ)
毎月第2土曜日・第4土曜日及び5月5日(こどもの日)

■休館日
毎週水曜日(祝日に当たる場合は翌日)・年末約7日間・8月は無休

■交通案内
どこから 交通手段 所要時間
東名富士インター 25分
東名御殿場インター 45分
中央河口湖インター 45分
JR新幹線富士市駅 タクシー 30分
JR身延線富士宮駅 タクシー 15分

■住所
静岡県富士宮市山宮3670
TEL:0544−58−3830
ロゴ
拡大図を見る

[表紙へ戻る]

Copyright(C)1999 南関東地域科学系博物館ネットワーク
協議会事務局