• 研究活動・資料

研究活動・資料

研究成果をまとめた当館の出版物

神奈川レッドデータブック2006

神奈川県レッドデータ 生物調査報告書2006

総合研究の成果として、2006年7月に『神奈川県レッドデータ生物調査報告書2006』を刊行いたしました。
※ミュージアムショップや通信販売にて販売中。

神奈川県植物誌

神奈川県植物誌

高い評価を得た『神奈川県植物誌1988』の改訂新版、『神奈川県植物誌2001』が刊行されました。
※ミュージアムショップや通信販売にて販売中。

調査研究報告

神奈川県立博物館 調査研究報告 自然科学

「神奈川県立博物館調査研究報告(自然科学) - Res. Rep. Kanagawa prefect. Mus. Nat. Hist.-」(不定期刊行物)の内容をPDFファイルでご覧いただけます。
※ミュージアムライブラリでもご覧いただけます。

神奈川自然誌資料

神奈川自然誌資料

「神奈川自然誌資料 - Natural History Report of Kanagawa -」(ISSN 0388-9009)は、神奈川県内の自然史に関する研究成果の公表、記録を目的としたものです。内容をPDFファイルでご覧いただけます。
※ミュージアムライブラリでもご覧いただけます。

「神奈川自然誌資料」原稿募集のお知らせ
「神奈川自然誌資料」の原稿を募集しています。ご応募お待ちしています。

研究報告

神奈川県立博物館 研究報告 自然科学

「神奈川県立博物館研究報告(自然科学) - Bull. Kanagawa prefect. Mus. (Nat. Sci.) -」(ISSN 0453-1906)は、当館の調査研究の成果をまとめたものです。国内外の研究機関、大学、博物館などで利用されています。内容をPDFファイルでご覧いただけます。
※ミュージアムライブラリでもご覧いただけます。

入生田菌類誌

入生田菌類誌

生命の星・地球博物館の菌類ボランティアグループは、10数年にわたり入生田地域で菌類相調査を継続しており、その成果の一部が『入生田菌類誌資料 第1巻』としてまとめられました。冊子体は白黒の印刷ですが(残部はありません)、カラー版のPDFを公開しています。

植物グループ

『伊豆半島植物誌』(仮称)のためのデータベース

本目録は、『伊豆半島植物誌』(仮称)のために作成したデータベースで、その作成は、新技術開発財団の植物研究助成第17回(平成20年度)~第19回(平成22年度)の助成を受けて実施しました。また、リストの作成や標本の収集には、神奈川県立生命の星・地球博物館友の会植物グループの方々にご協力いただきました。(2014.1.17 更新)

「神奈川県の帰化植物」

『神奈川県植物誌2001』に掲載されている800種を超える帰化植物に、その刊行後に神奈川県内より報告されたものも加え、その和名・学名を紹介します。(2007.9.28 更新)

動物グループ

「魚類写真資料データベースに登録された水中写真に基づく伊豆半島大瀬崎産魚類目録」

神奈川県立生命の星・地球博物館では、「魚類写真資料データベース(KPM-NR)」として実際に魚類の水中写真のデータベース化を試みている。今回は世界でも屈指のダイビングポイントであり、データベース中のデータ量も充実している伊豆半島大瀬崎産の魚類の目録化を試みたのでここに報告する。

地球環境グループ

火山実験動画

神奈川県立生命の星・地球博物館は、教育普及活動の一環として火山に関するさまざまな実験を行っています。これらの実験の一部を時間を縮めて動画にしました。実在の火山編、架空の火山編、学校での授業編と3つに分けてあります。学校教育やジオパークの教材としてもどうぞご利用ください。

EPACS自然史博物館

地球のからくり:地球の生い立ち、自然や地質などを紹介します。
地球地学紀行:博物館の学芸員が地学的な立場で見た地球の素顔を紹介します。
神奈川の大地:神奈川の大地(岩石・鉱物・地質)を紹介します。
人と大地:人が大地を、どのように見て感じ表現してきたかを紹介します。

砂の自然史

博物館では、今、砂を収集しています。
その目的は、砂を集めるという作業を通じて、一人でも多くの人が自然や自然の営みに興味を持ってもらうことです。砂を通じて、自然への扉を開けてください。

ひと昔前の写真が語る神奈川の地質

電子百科: 神奈川県およびその周辺のテフラを、地域×時代、名前一覧、画像一覧の3通りの検索で調べることができます。

神奈川の自然 関東ローム層地図検索: 神奈川の自然関東ローム層に収められているテフラ写真を、神奈川県内の地図から検索します。

神奈川の地形・地質: 神奈川の自然、関東ローム層に組み込まれていない地形・地質写真を神奈川県の地図から検索します。

「リモートセンシング」とは

神奈川県立生命の星・地球博物館では、地球を調べる方法の一つとして、「宇宙からのリモートセンシング」を使っています。こちらでは「リモートセンシング」とは何か、解説します。

古生物グループ

特別展/企画展から

2014年度特別展「どうする?どうなる! 外来生物 とりもどそう 私たちの原風景」から

2014年7月18日から連載が始まった神奈川新聞掲載記事の内容を紹介しています。

「天空に舞う」 2012年度特別展「大空の覇者-大トンボ展-」から

2012年7月13日から神奈川新聞で連載された標記記事を再録しています。

丹沢の自然 その生い立ちと生きもの 特別展から

2003年12月5日から神奈川新聞で連載された標記記事を再録しています。

+2℃の世界 縄文時代に見る地球温暖化 企画展から

この企画展の特別サイトをご覧いただけます。2005年1月19日から2月1日にかけて、神奈川新聞で連載された標記記事を再録しています。

侵略とかく乱の果てに 神奈川の移入生物 特別展から

2003年7月23日から9月12日にかけて、神奈川新聞で連載された標記記事を再録しています。

その他

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」に基づく規則

科学研究費等公的研究費の不正使用防止に関わる当館の規則等をご覧いただけます。
「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」に基づく規則PDFファイル(213KB)

五周年記念論集「エデュテインメント(楽修)性豊かな学習プログラム作りをめざして」

開館5周年を記念してまとめられた記念論集です。現在絶版です。

三周年記念論集「ユニバーサル・ミュージアムをめざして―視覚障害者と博物館―」

開館3周年を記念してまとめられた記念論集です。現在絶版ですが内容はテキストデータでご覧になれます。

一周年記念論集「これからの自然史(誌)博物館」

開館1周年を記念してまとめられた記念論集です。現在絶版です。

みなかん(南関東地域科学系博物館ネットワーク)

※「南関東地域科学系博物館ネットワーク」は、2000年3月末をもって活動を終了しました。
本サイトは、記録をWeb上で残すため、原則としてプロジェクト終了時の状態で公開しています。