[地球博トップページ][研究][侵略とかく乱の果てに]→ブラックバス

■35.ベッコウトンボと移入種 ←|→■37. 外国産カブトムシ


侵略とかく乱の果てに
神奈川の移入生物

社会問題のはざまで

ブラックバス

 ブラックバスとは、サンフィッシュ科オオクチバス属の総称で、日本ではオオクチバスとコクチバスの二種が知られている。いずれも北米原産で、バス釣りブームに連動して全国に拡散した。急速な拡散の主因は、社会的合意のない闇に紛れた密放流によるものである。

 なぜブラックバスが数ある移入種の中で、とりわけ問題視されるのか? ブラックバスは、速い成長と大きな体を維持するために水生動物を大量に捕食する。

 また、雄が産着卵やふ化した子魚を守るため、繁殖力が強く爆発的に増えることがある。そのため、水域生態系へ与える影響はきわめて大きく、生物多様性を著しく低下させる。琵琶湖のイチモンジタナゴや宮城県伊豆沼のゼニタナゴのように、種の地域絶滅を引き起こすことすらある。

 このように日本の河川湖沼においては、ブラックバスは放置できない存在であるため、その拡散の防止はもとより、すでに侵入した水域においては根絶や抑制に向けた動きが活発化している。駆除効果を上げるために、釣ったブラックバスの再放流(いわゆるキャッチアンドリリース)を禁止した滋賀県の条例などはその好例であろう。

ところが一方では「ブラックバスは悪くない、悪いのは密放流した人間の方だ」「バスは害魚ではなく益魚だ」といった主張がある。もちろん拡散させたのは人間であるし、有効利用しようとする立場からはバスは益魚そのものであろう。

 しかし、論点は生物多様性への影響の大きさであり、その対策に求められるものは緊急性と確実性である。原因を作った人間側には反省が必要であるが、問題の先送りから在来の水生動物にとどめを刺す愚だけは避けねばならない。

(県立生命の星・地球博物館 瀬能 宏)

オオクチバス

コクチバス

オオクチバス(上)とコクチバス(下)。いずれも侵略的外来種として在来水生動物に深刻な悪影響を与える(撮影 筆者)

 

※ 2003年9月6日に、神奈川新聞に掲載された記事を再録しました。

© Copyright Kanagawa Prefectural Museum of Natural History 2003. All rights reserved.