神奈川県立生命の星・地球博物館

BULLETIN OF THE KANAGAWA PREFECTURAL MUSEUM Natural Science
No.33,index(Japanese) | index (Japanese) || No.33,index | index |

Bull. Kanagawa Prefect. Mus. (Nat.Sci.), No.33, Mar.2004


Phytogeography of Vascular Plants in Yokohama Based on the Analysis of Eighteen Wards Using the Specimen Database

Norihisa TANAKA

Kanagawa Prefectural Museum of Natural History, 499 Iryuda, Odawara, Kanagawa 250-0031, Japan

Abstract. The purpose of the present study is to clarify phytogeography of vascular plants in Yokohama City based on the analysis of eighteen wards using the specimen database in editing "Plants of Yokohama in Nature and Human Life". The cluster analysis using conjunction distance was carried out with distribution data of all 1,996 taxa of vascular plants including native 1,324 taxa. The suggested clusters are explained by the differences in flora influenced by distribution of native plants and naturalized plants, etc.

Key words: phytogeography, specimen database, Yokohama City, cluster analysis


摘要

 本研究は、『横浜の植物』所収の「維管束植物誌」の分布図作成に使用された維管束植物標本のデータベースにより、18 区による横浜市の植物地理を明らかにすることを目的とした。 区ごとの全植物 1,996 分類群の 16,737 件と、帰化植物を除いた在来植物 1,323 分類群の 12,195 件の分布情報に基づいたクラスタ−分析により、 それぞれ結合距離の大きな順に 2 個、3 個、16 個、10 個、15 個、13 個、12 個のクラスターと、2 個、3 個、8 個、16 個、14 個、4 個、5 個のクラスターが形成された。 これらをもとに、類似度の高い区、独立性の高い区について検討し、横浜市の植物地理を考察した。形成されたクラスターは、それぞれ、横浜市の“基本となる植物相”、 在来植物、帰化植物により特徴づけられるものであると説明された。


© Copyright Kanagawa Prefectural Museum of Natural History 2007. All rights reserved.