神奈川県立生命の星・地球博物館

BULLETIN OF THE KANAGAWA PREFECTURAL MUSEUM Natural Science
No.33,index(Japanese) | index (Japanese) || No.33,index | index |

Bull. Kanagawa Prefect. Mus. (Nat.Sci.), No.33, Mar.2004


A Record of Progress and a Trial of Self-Inspection of the Special Exhibition "Human Being and the Earth -the Wonderful Earth"; the Exhibition Activity Aiming at the New Earth Science Education in Kanagawa Prefectural Museum of Natural History

Daiji HIRATA, Shuichi NIIDA, Hiroyuki YAMASHITA, Kiminori TAGUCHI & Takehiro SATO

Kanagawa Prefectural Museum of Natural History, 499 Iryuda, Odawara, Kanagawa 250-0031, Japan

Abstract. IIt is important to keep records of the planning and the result of special exhibition. We had displayed the special exhibition Human Being and the Earth - the Wonderful Earth at Kanagawa Prefectural Museum of Natural History in summer of 2002. We documented about something of the exhibition, the details, the schedule, the constitution, displays, the pictorial book, the symposium, visitors questionnaires, public information, number of visitors and the cost. We tried the self-inspection of the exhibition; we had doing it on the basis of result of special study New earth science education in a museum of Kanagawa Prefectural Museum of Natural History. The result of self-inspection has been estimated that our purpose was achieved generally. A methodology of exhibition evaluation have not establish in the present. Therefore, it is necessary for museums to accumulate documents of exhibitions and to inspect of those.

Key words: special exhibition, self-inspection, evaluation.


摘要

 神奈川県立生命の星・地球博物館において、2002年度に開催された夏季特別展「人と大地と-Wonderful Earth -」の開催記録を、開催までの経緯と作業スケジュール、 会期と会場、展示の目的と構成、図録、ワークショップ、シンポジウム、入場者アンケート、広報、入場者数と入場料、開催経費にわけて記載した。さらに、その開催記録に基づいて、 特別展「人と大地と」の自己検証を試みた。特別展「人と大地と」は、生命の星・地球博物館の総合研究「博物館における新しい地学教育」の成果を基にして、 展開された展示である。検証結果としては、おおむね目的は達成されたと考えられる。しかし、現状においては展示をどのように評価すればよいのか、 その方法論はまだ確立しているとはいえない。展示評価の方法論が確立されていないからこそ、展示の記録を蓄積していくことが必要である。 展示にかかわるさまざまな情報を記録、公開し、その課題を考えること、展示のための評価はどのようなものであるか、その基準をどこに求めるのかについて議論を深めことが必要である。 特別展の記録と評価は、博物館の評価にも発展するものである。


© Copyright Kanagawa Prefectural Museum of Natural History 2007. All rights reserved.