神奈川県立生命の星・地球博物館

Bull. Kanagawa Prefect. Mus. (Nat. Sci.), No.42, pp.35-62, Feb. 2013


The Plant of Hakone Recorded in the Thunberg’s Flora Japonica

Teruo Katsuyama1), Norihisa Tanaka1) & Wataru Ohnishi1)

Abstract. The Swedish botanist Carl Peter Thunberg (1743-1828) had visited Japan in the years 1775 to 1778. He had crossed Hakone on the way from Nagasaki to Edo, Apr. 25, and May 27 in 1776, and had collected many plants in Hakone. After returning to his country, he published “Flora Japonica” in 1784 and recorded 812 species and 101 unidentified taxa in Japan with Linnean taxonomic systems. The record of the plant from Hakone of Flora Japonica is precious data when considering the history of botanical research of the dawn in Kanagawa Prefecture. Matsuura (1998) selected 64 species and 3 unidentified taxa which were materials from Hakone in the description of “Flora Japonica”, but he did not examine the specimen of Thunberg’s herbarium directly. We examined voucher specimens deposited in the Thunberg’s Herbarium of Uppsala University Museum of Evolution (UPS) in 2012, and identified 49 species from Hakone and took photos. We found one of the unidentified plant No. 75 to be Stephanandra tanakae Franch. & Sav. Salix japonica Thunb. and Stephanandra tanakae were not materials from Hakone in the description of Flora Japonica, but might have been collected in Hakone by Thunberg, presuming from their distribution and his itinerary in Japan. We report here about 70 species including Salix japonica and Stephanandra tanakae as plants collected by Thunberg himself in Hakone, and corrected 13 names among 67 species which Matsuura (1998) showed.

Key words: Thunberg, Flora Japonica, specimen, Hakone

  1. 1) Kanagawa Prefectural Museum of Natural History
    499 Iryuda, Odawara, Kanagawa 250-0031, Japan

Download PDF in JapanesePDF file(16,188KB)


ツュンベリーの日本植物誌に記録された箱根産植物

勝山輝男1)・田中徳久1)・大西 亘1)

摘要
 スウェーデンの植物学者ツュンベリーは1775年に来日し1778年に帰国の途についた。彼は1776年 に長崎から江戸への参府の途上、4月25日と5月27日に箱根を越え、多くの箱根産植物を採集した。 帰国後、ツュンベリーは1784年に 『Flora Japonica』 を出版し、 Linnaeus の近代植物分類学の体系に基 づいて、日本産の植物812種と同定には至らなかった101分類群を記録した。 『Flora Japonica』 の箱根 産植物の記録は黎明期の神奈川県の植物研究史を考える上での貴重な資料である。松浦(1998)は 『Flora Japonica』 の記述中で箱根産と明記された64種と不明植物3分類群を抽出し報告した。しかし、松浦 (1998)はツュンベリーが残した標本を直接は検討しなかった。私たちは2012年にスウェーデンのウプ サラ大学博物館を訪ね、ツュンベリーコレクションを検討して、箱根産植物49種の標本を確認し写真 を撮影した。また、不明植物の中からカナウツギを発見した。シバヤナギとカナウツギの2種はその分 布とツュンベリーの旅程から考えて、箱根で採集されたものと考えられる。私たちはシバヤナギとカナ ウツギの2種を加えた70分類群を箱根産植物としてとりあげ、松浦(1998)の示した67種のうち13種について現在使われている種名を改めた。 

  1. 1) 神奈川県立生命の星・地球博物館
    〒250-0031 神奈川県小田原市入生田499

ダウンロード PDFPDFファイル(16,188KB)