• 研究活動・資料

44号

Bull. Kanagawa Prefect. Mus. (Nat. Sci.), No.44 Feb. 2015

ウスタビガ(チョウ目,ヤママユガ科)の寄生蜂,ウスタビガフシヒメバチ(新称)Gregopimpla ussuriensis Kasparyan & Khalaim, 2007(ハチ目,ヒメバチ科,ヒラタヒメバチ亜科)の日本からの発見

渡辺恭平1)・伊藤誠人2)

摘要

東京都、神奈川県、埼玉県で採集されたウスタビガの繭より得られた標本を基に、日本からGregopimpla ussuriensis Kasparyan & Khalaim, 2007 を初めて確認し、ウスタビガフシヒメバチの標準和名とともに記録した。本種と近似種であるサクサンフシヒメバチ G. himalayensis(Cameron, 1899)の外部形態を記載・比較し、形態形質による識別点を整理した。また、ウスタビガフシヒメバチにおいてはDNA バーコード領域の記載とGenBank への登録も行った。これら 2 種を含むウスタビガに寄生した記録がある 5 種のヒメバチについて、同定のための検索表を作成した。

  1. 1)神奈川県立生命の星・地球博物館
    〒250-0031 神奈川県小田原市入生田499
  2. 1)神戸大学大学院農学研究科
    〒657-8501 兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1

本文PDFファイル(1,224KB)