神奈川県立生命の星・地球博物館

[戻る]

2001年12月15日発行 年4回発行 第7巻 第4号 通巻27号 ISSN 1341-545X


自然科学のとびら


Vol.7, No.4  神奈川県立生命の星・地球博物館  Dec.,2001


カンガルー・ポー

Anigozanthos manglesii D.Don

田中徳久(学芸員)
カンガルー・ポー

南西オーストラリアは、"ワイルド・フラワー" の宝庫として知られます。この地域は、オーストラリア大陸の中でも、特殊性の高い植物相を持ち、地球上でもっとも特殊な植物相を持つといわれる南アフリカのケープ地域(この地域のみで一つの植物区系界とされる)と類縁が高いことが指摘されています。

カンガルー・ポーが属するヘモドルム科(単子葉植物)は日本には分布しない科で、オーストラリア、南アフリカ、南米北部の太平洋岸から知られています。ヘモドルム科の植物は、地史的にこれらの地域がゴンドワナ大陸として陸続きであった時代に形成されたゴンドアナ・フロラのひとつだと考えられています。

なお、カンガルー・ポーの名は、花序の形をカンガルーの足に見立てたものです(ポー paw は鉤爪のある哺乳類の足の意)。


[戻る]

[地球博トップページへ]