神奈川県立生命の星・地球博物館

[地球博トップページ][自然科学のとびら][第9巻第4号]→ライブラリー通信 丹沢を楽しむ


2003年12月15日発行 年4回発行 第9巻 第4号 通巻35号 ISSN 1341-545X

自然科学のとびら

Vol.9, No.4  神奈川県立生命の星・地球博物館  Dec, 2003


ライブラリー通信 丹沢を楽しむ

篠崎淑子(司書)

当館で丹沢をテーマにした特別展を開催する計画があると聞いたとき、 そういえば丹沢には行ったことがないということに気づきました。 博物館には高校時代から山岳部で、丹沢のことは知り尽くしているというつわものも多く、 そういう人たちの話を聞いたり、いろいろ読んだりしていくうちに、 何だか丹沢も楽しそうだ、ちょっと行ってみようかなという気分になってきました。

大山は途中までケーブルカーで行けるが、 ハイキング気分で行くとそこから頂上まではちょっときついとか、 セラドン石という青緑色のきれいな石があって、昔は勾玉や管を作る材料になっていたりとか、 私にとってはそういうことが楽しいのですが、もちろん丹沢が抱えるさまざまな問題、 ブナやモミの立ち枯れや追いやられる動植物、ごみの問題などに関心のある方もいると思います。 特別展をご覧になったあとは、ライブラリーでさまざまな図書や文献に触れて、 自分だけの丹沢を見つけてみてはいかがでしょうか。

「特別展丹沢の自然」と連動して、ライブラリー横のミニ展示コーナーに「丹沢を読む」 と題して丹沢関係の図書を並べました。ここには主に書庫にある副本や、 個人からお借りした図書、地図などを展示しています。

また、丹沢関係の図書と雑誌・文献のリストを作りました。 このリストはライブラリーで所蔵し、閲覧できる図書や雑誌を載せたものです。 前回の特別展から作り始めたのですが、意外と好評だったので今回も作りました。 『丹沢大山自然環境総合調査報告書 1997』(神奈川県環境部)、 『丹沢を楽しむ 自然にやさしい丹沢ガイド』(夢工房)、 『いらすと丹沢・山ものがたり』(山と渓谷社)、 『丹沢讃歌』(ほおずき書籍)、 『鹿のフンは何故つぶつぶ?』(神奈川新聞社)など、 報告書からガイドブック、写真集などさまざまなジャンルのものを取り揃えております。 ぜひお立ち寄りください。

[目次へ]

© Copyright Kanagawa Prefectural Museum of Natural History 2003. All rights reserved.

[ページ先頭へ]