宇宙から見た日本の衛星画像
トップ>探す方法を選ぶ
<試行運用中>
地球を周回する人工衛星のうち、電波・赤外線・可視光線を使って地表面の様子を観測するものを「地球観測衛星」といいます。生命の星・地球博物館では、博物館資料として地球観測衛星が観測した画像を収集しています。これら画像は、記録されている媒体(入れ物)ではなく、その中に記録されている情報(データ)が資料としての価値を持っています。当館ではこの情報を解析する調査研究を行っています。ここでは、その結果として明らかになった、宇宙から見た日本の衛星画像を紹介します。

宇宙から見た衛星画像を探す方法を下の3つから選んで下さい。
見たい場所を、地図の上で範囲と方角から指定できます。 図名(タイトル)や観測地名、観測センサ名、図法、資料番号といったキーワードから画像を検索できます。 学芸員おすすめの画像を見ることができます。50件ずつ表示されます。見たいものを選んでください。
地図から探す キーワードから探す おすすめを見る
もどる