• What's New

リトルリバーリサーチ &デザイン社より河川地形実験模型の寄贈を受けました

2015年7月24日更新

アメリカ・イリノイ州にある「リトルリバーリサーチ&デザイン社外部リンク[外部リンク]」より、同社が開発・製作した河川地形実験模型「エムリバー・ジオモデル」の寄贈を受けました。この「エムリバー・ジオモデル」は、長さ約2メートル、幅約1メートルの大きさで、流れる水のはたらきや川の成り立ちについて分かりやすく実験を行うことができる模型です。日本国内への導入はこれが2例目となります。

7月18日に当館エントランスホールにて受贈式を行い、神奈川県知事 黒岩祐治からの感謝状を、当館館長 平田大二からリトルリバーリサーチ&デザイン社スティーブ・ゴウ社長代理の松本明代様に手渡しました。また7月18日、19日の両日に、この模型を使った講座「模型水路で川のはたらきを観察しよう」を実施しました。受贈式と講座の様子は、7月19日付け神静民報、7月24日付けタウンニュース(箱根・湯河原・真鶴版)外部リンク[外部リンク]に掲載されました。

「エムリバー・ジオモデル」は今後、博物館における展示や講座、学校団体などへの貸し出しを行って、幅広く活用していく予定です。

受贈式(右:リトルリバーリサーチ&デザイン社 松本明代様、左:当館館長 平田大二)

受贈式
(右:リトルリバーリサーチ&デザイン社 松本明代様、左:当館館長 平田大二)

「エムリバー・ジオモデル」Em2による河川地形実験の様子

「エムリバー・ジオモデル」Em2による河川地形実験の様子