• What's New

当館菌類ボランティアグループが「勝本賞」を受賞しました

2017年4月21日更新

2017年4月15日(土)、玉川大学で開催された平成29年度日本菌学会関東支部年次大会において、当館の菌類ボランティアグループが「第4回 勝本賞」を受賞しました。勝本賞は、菌類研究者の座右の書である『菌学ラテン語と命名法(1996)』や『日本菌類集覧(2010)』などの大著を遺された分類学者、故 勝本謙博士(1927–2011)の功績を称え、設立されたものです。毎年度、日本菌学会関東支部により、菌類の研究・教育・普及に貢献した1個人もしくは1団体に授与されます。
 今回、当博物館菌類ボランティアグループは、2000年4月から毎月継続的に実施している、標本収集を中心とする博物館周辺での菌類調査や、展示や講座などのサポートを通じた教育普及活動、そして2011年に刊行された『入生田菌類誌資料第1巻』に代表される、地域の自然誌についての多数の研究成果などが評価され、受賞に至りました。

 

菌類ボランティアの皆さんと授賞式出席の様子

授賞式・受賞講演のようす