• What's New

小田原地下街「ハルネ小田原」ハルネギャラリーで当館を紹介する展示が開催されています

2019年3月26日更新

展示パネル生命の星・地球博物館と聞いて、何を思い浮かべますか?

広い展示室、大きな恐竜の化石、さまざまな姿かたちの動物の剥製……。
これらはすべて、博物館の“表側”の様子です。しかし、博物館の“裏側”には、展示室の何十倍もの標本が収蔵され、収蔵標本に基づく調査研究が行なわれており、その結果を広く伝えるさまざまな教育普及活動が繰り広げられています。つまり、見方を変えれば「博物館の“裏側”」は、日々エネルギッシュに動いている「博物館のもう一つの“表側”」なのです。

展示の第1面では、博物館の資料収集、調査研究、教育普及について、平田館長のナビゲートで紹介しています。博物館の“裏側”を動かしているのは、学芸員をはじめとする職員だけではありません。博物館に集い、博物館を支え、活用しながらさまざまな活動を行っているボランティア、友の会も、博物館の“裏側”を動かす力の一つです。

展示の第2面では、430名の会員からなる友の会の活動の様子を紹介しています。ナビゲーターは友の会の鈴木会長です。生命の星・地球博物館のミニ企画展示「友の会会員430名と共に-学芸員や私たちといっしょに自然をたのしみませんか-(5月6日(月曜・休日)まで開催)」とあわせて是非ご覧ください。

展示の第3面は、生命の星・地球博物館で開催中の企画展「箱根ジオパーク展~身近な火山と友だちになる~(5月12日(日曜)まで開催)」とのコラボスピンオフ企画「小田原ジオパーク展」です。小田原城とジオパークの関係をより深く掘り下げた特別な内容となっています。生命の星・地球博物館の企画展とあわせて是非ご覧ください。

展示パネルが並ぶ

展示の様子

展示概要

小田原地下街「ハルネ小田原」ハルネギャラリー「生命の星・地球博物館の裏側展 博物館を楽しもう!」

開催期間:2019年3月21日(木曜)から2019年5月17日(金曜)
開催時間:6時から22時30分(ハルネ小田原開館時間)
アクセス:小田原駅東口すぐ
展示制作:デザインこねこ株式会社
制作協力:神奈川県立生命の星・地球博物館友の会/箱根ジオパーク推進協議会