常設展
トップページ
展示
常設展
神奈川の自然を考える

神奈川の自然を考える

神奈川の自然を考えるタイトルバナー

神奈川の自然を考える展示室の画像

神奈川の自然を考える展示室3階の画像神奈川の大地のおいたち 相模湾に生きる 神奈川の大地に生きる 人と自然のかかわり

 

Ⅰ 神奈川の大地のおいたち

私たちのすんでいる「神奈川の大地」が、どのように形成され、どのように変化してきたか、地層や岩石、化石などの証拠をもとに、「神奈川の大地」のおいたちを探ります。
 

岩石展示の画像
パレオパラジキシアの画像

Ⅱ 相模湾に生きる

相模湾は、温帯にありながら暖流の影響を強く受けています。
また、海底が変化に富んでいるため、多様な海の生き物たちが見られます。
それらの生き物たちを紹介し、そのルーツを探ります。
 

浅い海の貝の画像
相模湾のカニの画像

Ⅲ 神奈川の大地に生きる

日本のほぼ中央にある神奈川県は、温暖な気候に恵まれています。
また、地形が変化に富んでいるため、多様な生き物が見られます。
神奈川の地域を特徴づける生き物を紹介し、そのルーツを探ります。
 

ヒグマとツキノワグマの画像
ブナの樹幹の画像

Ⅳ 人と自然のかかわり

人が狩猟や採集の生活から、農耕や牧畜の生活にうつったとき、自然の破壊が始まりました。
神奈川のさまざまな自然環境とそこに生きる生物たちを知り、自然におよぼす人間の影響を探ります。