データベース
トップページ
データベース
GBIF・S-Netについて

GBIF・S-Netについて

当館の収蔵資料の情報は、GBIF (地球規模生物多様性情報機構)およびS-Net(サイエンスミュージアムネット)のウェブサイトでも公開されています。

GBIFは、様々な生物の生物多様性情報(いつ,どこに,どんな生物がいたか,どんな証拠によって示されるか)を世界中から集め、インターネットで公開している国際的非営利組織です。日本も国立科学博物館が活動拠点となってGBIFの活動に参加しており、日本国内の80以上の研究機関(自然史系博物館,公立の研究所や大学など)が所蔵する標本のデータ(動物・植物・菌類・化石)を多数提供しています。GBIFのサイトには、日本を含む世界各国から収集されたデータが公開されており、自由にダウンロード可能となっています。

サイエンスミュージアムネット(S-Net)は、国立科学博物館が運営する情報ポータルサイトで、国内の自然史標本情報や自然史系の研究員・学芸員の情報を検索できます。

GBIFで公開されている標本情報は、S-Netでも検索・ダウンロードできるほか、検索結果を地図にプロットして表示することができます。