[地球博トップページに戻る]
[小田原市トップページに戻る]

特別展「地球を見る」〜宇宙から見た神奈川〜

宇宙から見た神奈川

神奈川東方900km上空より45度斜め下西方へ俯瞰した鳥瞰図である。高さは1.5倍に強調してある。作図にあたっては、米国政府所有のものを、SpaceImaging®/宇宙開発事業団から提供を受けたランドサット衛星画像データ(下半部97年4月、上半部96年11月)を使用した。標高データは、国土地理院長の承認(承認番号平13総使、第227号)を得て同院発行の数値地図50mメッシュ(標高)を使用した。鳥瞰図の作成にはカシミール3Dを使用した。

2001年1020(土)1216(日)

休 館 日/毎週月曜日
開 館 時 間/9:00〜16:30 (入館は16:00まで)
特別展観覧料 20歳以上(学生を除く):200円 20歳未満・学生:100円 高校生以下・65歳以上:無料
常設展観覧料 20歳以上(学生を除く):510円 20歳未満・学生:300円 高校生以下・65歳以上:無料
交    通箱根登山鉄道(小田急線乗り入れ)「入生田(いりうだ)」駅下車徒歩3分 国道1号線沿い
展示協力/東海大学情報技術センター
資料提供/宇宙開発事業団
宇宙から見た地球
宇宙から見た地球 ©TRIC
横浜周辺の衛星画像
横浜周辺の衛星画像
箱根付近の衛星画像鳥瞰図
箱根付近の衛星画像鳥瞰図

LANDSAT5

はなれたところから、直接ものに触れず調べることをリモートセンシング(遠隔探査)といいます。

天気予報に使われている気象衛星「ひまわり」から見た雲の画像は、宇宙からのリモートセンシングの例として身近なものです。定期的な観測とコンピュータ解析できるというメリットをあわせ持ったリモートセンシングは、写真とは異なる地球の姿を見せてくれます。それは、雲だけではなく、地形・地質や植生、水質などさまざまな様子です。

今回の特別展では、地球観測衛星、特にランドサットが地球をどのように見ているのか、「画像を読む楽しみ」をご紹介します。



【おもな内容】


(1)宇宙から見ている
世界的に有名な地球の営みを衛星画像で紹介。
造山帯、砂漠、さんご礁などの衛星画像など
(2)リモートセンシングってなに?
リモートセンシングのメリットを紹介。
航空写真と衛星画像の比較、衛星観測のメリットの解説など
(3)衛星で見る
衛星画像からの情報の取り出し方を紹介。

講演会「宇宙から地球を見ると」[終了]
10月27日(土)13:30〜16:00(講義室)
小澤 拓(国立極地研究所)・新井田秀一(当館学芸員)

※講演会のお申し込み等については、当館までお問い合わせください。
共催:神奈川地学会、湘南地球科学の会
学芸員による展示解説
13:30より 10/21(日)、11/4(日)、23(祝)、12/2(日)、16(日)

特別展図録、発売中!!

本特別展にて展示している図・写真をオールカラーで収録した図録を、900円で販売しています。通信販売もできますので、ミュージアムショップへお尋ねください。 売り切れました。


ランドサット衛星画像データは、米国政府所有でありSpaceImaging®/宇宙開発事業団から提供を受けた。標高データおよび地図画像は、国土地理院長の承認(承認番号平13総使、第227号・平13総複、第182号)を得て同院発行の数値地図50mメッシュ(標高)および数値地図200000(地図画像)を使用した。鳥瞰図の作成にはカシミール3Dを使用した。



[地球博トップページに戻る]
[小田原市トップページに戻る]