※ このページは、ルビ表示機能をサポートしているwebブラウザ(ex. ie5.5以降)でご覧になることを おすすめします。

博物館外観写真

2017年1月

1休館日2休館日3休館日4休館日567
89成人の日10休館日11休館日121314
1516休館日17休館日18192021
2223休館日24休館日25262728
2930休館日31休館日    

2017年2月

   1234
56休館日7休館日891011建国記念の日
1213休館日14休館日15161718
1920休館日21休館日22232425
2627休館日28休館日    

2017年3月

   1234
56休館日7891011
1213休館日14休館日15161718
1920春分の日21休館日22232425
2627休館日28293031 

2017年4月

      1
23休館日45678
910休館日11休館日12131415
1617休館日1819202122
2324休館日2526272829昭和の日
30      

※日付をクリックすると、その日のイベントを表示します

ようこそ!神奈川かながわ県立けんりつ生命の星せいめいのほし地球博物館ちきゅうはくぶつかん

地球ちきゅう不思議ふしぎほしです。何十億なんじゅうおくとある宇宙うちゅうの星のなかで、みずがあって、つちがあって、たくさんの動物どうぶつ植物しょくぶついのちがみちあふれているのは、この地球だけなのですよね。あたりまえのことではなくて、まさに宇宙の 奇跡きせきなのです。そんな地球に、人間にんげんとしてまれたわたしたちはしあわせです。なぜなら、地球全体ぜんたいることができるのは、人間だけだからです。

さあ、大切たいせつ自然しぜん宝物たからものの、さまざまなかたちいろ存分ぞんぶんたのしんでください。そして、私たちはどのようにきていったらいいかを、かんがえてください。みなさんが博物館をるときには、きっといままでよりもやさしいひとになっていることでしょう。

生命の星・地球博物館長せいめいのほし ちきゅうはくぶつかんちょう

館内案内図かんないあんないず

かんないあんないず

展示てんじ

マンドラビラいん石

マンドラビラいん石 重さは約2.5トン

地球展示室ちきゅうてんじしつ ~地球を考える~

太陽たいようからのほどよい距離きょりとほどよいおおきさ、それが地球ちきゅうみずがとどまっていられる条件じょうけんだったのです。そして水の惑星わくせい、つまり奇跡きせきほし誕生たんじょうしたのでした。

恐竜のおなかの下から覗く

大きな恐竜のおなかの下をくぐって行くと…

生命展示室せいめいてんじしつ ~生命を考える~

生命せいめい誕生たんじょうして30億年おくねんちかくたって、ようやく肉眼にくがんみとめられるほどのおおきさの生物せいぶつあらわれ、それ以来いらい爆発的ばくはつてき生物種せいぶつしゅ進化しんかしてきました。
かずだけでなく種類しゅるい急激きゅうげきえ、やがて水中すいちゅう海中かいちゅう)はもちろん、陸上りくじょう空中くうちゅう環境かんきょうにまで生活せいかつひろげていったのです。

昆虫こんちゅうコーナーでは、忍者にんじゃのように姿すがたかくしたむしたちをさがしてみよう!

神奈川展示室かながわてんじしつ ~神奈川の自然を考える~

昔の神奈川にいたゾウ

むかし、神奈川にもゾウがいた!

神奈川かながわ大地だいちは、日本列島にほんれっとう中央部ちゅうおうぶで、3つのプレートが出会であい、せめぎ激烈げきれつ地殻変動ちかくへんどうによってできあがりました。箱根火山はこねかざんも、丹沢山地たんざわさんちも、相模湾さがみわんもそうした列島変遷史れっとうへんせんし集大成しゅうたいせいとして出現しゅつげんした現在げんざい姿すがたです。そしてその大地も刻々こくこく表情ひょうじょうえているのです。

共生展示室きょうせいてんじしつ

共生展示室のようす

地球はだれのもの?人類のしてきたことは?

あまりにもわがままにきてきた人類じんるいは、いまその結果けっかとしての地球環境問題ちきゅうかんきょうもんだいという病気びょうきくるしむようになりました。病気をるにはからだ仕組しくみの理解りかい必要ひつようですし、それをいやすにはただしい手当てあての研究けんきゅう不可欠ふかけつです。
まずは、地球そのものの生きざまを知ることからはじめましょう。

ジャンボブック展示室の入り口

中身はコレクションがいっぱい

ジャンボブック展示室てんじしつ

実物じつぶつ標本ひょうほん模型もけいがそのまま入ったたかさ2.5メートルの立体百科事典りったいひゃっかじてんが、ズラリ27さつも!!

怪人ネイチャーランドの挑戦のひとコマ

怪人ネイチャーランドの挑戦

SEISA(せいさ)ミュージアムシアター

大型おおがたハイビジョンで、地球ちきゅうのスケールのおおきさ、生物せいぶつ不思議ふしぎ実感じっかんできる映像えいぞうのほか、怪人かいじんネイチャーランドと対決たいけつするクイズ映像えいぞうがたのしめる。

シアターの上映案内じょうえいあんない

通常期つうじょうき
インタラクティブ・クイズ
怪人かいじん ネイチャーランドの挑戦ちょうせん
(20分間)
11時30分~/13時~
学校休業期がっこうきゅうぎょうき

2016年3月26日(土曜)~4月5日(火曜)、4月29日(金曜・祝日)~5月8日(日曜)、7月16日(土曜)~8月31日(水曜)、2017年3月25日(土曜)~4月5日(水曜)

インタラクティブ・クイズ
怪人かいじん ネイチャーランドの挑戦ちょうせん
(20分間)
11時30分~/12時30分~/13時30分~

ミュージアムライブラリのようす

パソコンを使って調べてみよう

ミュージアムライブラリー

本やビデオをたり、パソコンから本やさかな植物しょくぶつなどを検索けんさくすることもできます。コピーサービス(有料ゆうりょう)や自由研究じゆうけんきゅうのアドバイスなどもおこなっています。

おねがい



  • 館内かんないでは、はしったり、大声おおごえしたりしないでください。
  • 館内では、お弁当べんとうやお菓子かしべたり、ジュースやおちゃんだりするところめられています。
    べたりんだりする所は、3かいにあるラウンジとテラスです。ガムやアメもおなじです。
  • 展示室てんじしつには、さわれる標本ひょうほんもありますが、きれいなで、こわさないよう、やさしくさわってあげてください。
    標本はみんなの宝物たからものです。
  • ゴミのかえりに協力きょうりょくしてください。
  • わからないことは、案内員あんないいんにたずねてください。

利用案内りようあんない

開館時間
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
  • 月曜日(祝日・振替休日は開館、夏休み期間中7月20日から8月31日までは開館)
  • 館内整備日(奇数月の第2火曜日)
  • 年末年始 12月29日~1月3日
  • 館内くん蒸日
  • 臨時休館することがあります。休館日情報もご覧ください。
常設展観覧料
◆20歳以上(学生を除く)
520円(410円)
◆20歳未満・学生)
300円(200円)
◆高校生・65歳以上
100円(100円)
◆中学生以下
無料
  • ※高校生・65歳以上は平成21年7月1日より100円となりました。
  • ※( )内は20人以上の団体料金です。
  • ※小田急「箱根フリーパス」「富士・箱根パス」、箱根登山「トコトコきっぷ」、伊豆箱根鉄道「箱根スマイルクーポン」 の割引施設です。
交通
  • 箱根登山鉄道「入生田いりうだ」駅から徒歩3分
    ※小田急線が乗り入れています。
  • 国道1号線「地球博物館前」交差点わき(歩道橋に表示あり)
  • 駐車場 無料(バス22台・乗用車163台)

もよおもののご案内

博物館はくぶつかんでは観察会かんさつかい実習じっしゅうなど、いろいろな講座こうざひらいています。
いつ、どんな催し物があるかをりたい人は、案内員あんないいんにたずねるか、つぎ方法ほうほうでもご案内していますので利用りようしてください。