• イベント・学習

ミュージアムライブラリ・本の紹介

2015年9月16日更新

ちいさなちいさな めにみえないびせいぶつのせかい

著者:ニコラ・デイビス 文/エミリー・サットン 絵/越智典子 訳/出川洋介 監修

(ニコラ・デイビス/エミリー・サットン/オチ ノリコ/デガワ ヨウスケ)

ISBN 978-4-902257-30-4

目には見えないけれど、私たちが生きていくうえで欠かせない影の立役者、微生物。
私たちの体の中に入り込み、悪さをする奴もいるから油断は禁物!と優しく教えてくれつつも、微生物の活躍をわかりやすく教えてくれる本書は、かわいいだけの絵本ではないのです。
目には見えない小さな彼らが、山をすり減らし、海を赤く染め、空を曇らせることができるのはなぜだろう?という、読後に浮かぶ疑問にも、ちゃんと本書は答えてくれます。
理科の授業などでよく見かけた微生物の代表格、ゾウリムシもスタイリッシュなイラストで登場しています。
その他、イラストのみで登場する微生物がどんな種類のものなのか、親子で調べてみるのも楽しいのではないでしょうか。

出版社:
ゴブリン書房
出版年月日:
2014年8月1日