『伊豆半島植物誌』(仮称)のためのデータベース

 本目録は、『伊豆半島植物誌』(仮称)のために作成したデータベースです。データベースは、『静岡県植物誌』(杉本, 1984)、『伊豆半島の植物』(杉本, 1962)、『伊豆のシダ』(倉田ほか, 1960)、神奈川県立生命の星・地球博物館(KPM)の収蔵標本から作製しました。
 なお、本データベースの作成は、新技術開発財団の植物研究助成第17回(平成20年度)~第19回(平成22年度)の助成を受けて実施し、リストの作成や標本の収集には、神奈川県立生命の星・地球博物館友の会植物グループの方々にご協力いただきました。記して感謝の意を表します。
 また、本データベースは公開以来、数回にわたり改訂しており、今後も各地の標本庫の標本情報などの充実を計画しています。誤りや追加情報がある場合には、下記の連絡先までお知らせください。

連絡先:生命の星・地球博物館 田中徳久 E-mail:tanaka@nh.kanagawa-museum.jp

公開:2010年 4月 1日
更新:2014年 1月17日
追加:2015年7月17日

凡例

  1. 本目録に掲載した植物は、『静岡県植物誌』(杉本, 1984)において、「伊豆」に産するとされる植物、『伊豆半島の植物』(杉本, 1962)、『伊豆のシダ』(倉田ほか, 1960)に掲載されている全種、神奈川県立生命の星・地球博物館(KPM)の収蔵標本から、伊豆半島産の植物を抽出したものである。
  2. 本目録の科の配列は、『神奈川県植物誌2001』(神奈川県植物誌調査会編, 2001)に従い、種以下の配列は、学名のアルファベット順とした。
  3. 各分類群の記述は、和名、学名、『静岡県植物誌』(杉本, 1984;「静植誌」と略記)、『伊豆半島の植物』(杉本, 1962;「伊植物」と略記)、『伊豆のシダ』(倉田ほか, 1960;「伊シダ」)に記載されている産地(一部、特記事項を含む)、神奈川県立生命の星・地球博物館(KPM)の収蔵標本の標本番号とした。
  4. 和名については、誤植、「ノ」の有無、「ズ」と「ヅ」、「オ」と「ウ」などを修正、統一した。
  5. 学名については、上記の和名をキーとして、神奈川県立生命の星・地球博物館の収蔵標本管理システムで使用している学名を対応させ、該当種がないものは、「BG Plants 和名−学名インデックス」(米倉浩司・梶田忠, 2003-;http://bean.bio.chiba-u.jp/bgplants/ylist_main.html)、Tropicos(http://www.tropicos.org/)などにより補ったほか、『静岡県植物誌』(杉本, 1984)、『伊豆半島の植物』(杉本, 1962)、『伊豆のシダ』(倉田ほか, 1960)に掲載されいるものを掲載した。
  6. 5により掲載した学名は、上位分類群の学名に、現在、正名だとされる学名を用いたため、その下位分類群の学名について、新組み合わせが必要となるものなどもあり、母種の学名のもとに配列できなかったものもあるほか、未記載のものや新組み合わせが正式に発表されていないものも含まれる。本目録は、作業リストであり、分類学的な整理を目的としたものでないので、注意が必要である。
  7. 産地は極力、正確に転載したが、産地が多いものは、省略した。また、推定比較数量や生育環境の情報、特記事項の一部も含んでいる。