• スタッフ紹介

私たちが博物館のスタッフです!

スタッフ写真

折原 貴道 (Takamichi ORIHARA)

学芸員

専門:菌類 【菌類分類学、菌類系統学】

学位:博士(農学)

E-mail:t_orihara@nh.kanagawa-museum.jp

きのこ、カビなど菌類について担当しています。中でも、地下生菌・シクエストレート菌(トリュフなど、地中や落ち葉の下にきのこをつくる菌類)の分類や系統、生物地理などの研究に力を入れています。日本の地下生菌の多くは、まだ名前すら付けられていません。まずはこれらの菌の分類を進めることが第一ですが、将来的には、このような希少菌類の保全にも貢献してゆきたいと考えています。
[Curriculum VitaePDF file(150KB) in English]

2016年4月26日 更新

資料収集(あつめる)

日本国内だけでなく、海外の研究者とも連携して、世界各地のきのこ類の標本を集めています。また、当博物館菌類ボランティアグループと協力して、博物館周辺(小田原市入生田)のさまざまな菌類を採集し、標本として保管しています。菌類の種数は全世界で約600万種とも推定されていますが、現在名前が付けられているのはそのうちわずか10万種程度です。私たちの身近な環境にも、多くの知られざる菌類が生育しています。標本の収集は、未知の菌類を知るための大事な一歩です。

また、主要な研究対象である、地下生菌の標本を日本全国から広く集め、日本の地下生菌標本コレクションの拠点を形成することを目指しています。地下生菌は一般的に採集が難しく、研究がとても遅れていますが、コレクションを充実させることで、地下生菌のさまざまな研究の進展に繋がれば、と考えています。

ツルタケAmanita vaginata

ツルタケAmanita vaginata

ツブホコリタケ Lycoperdon umbrinum

ツブホコリタケ Lycoperdon umbrinum

 

調査・研究(しらべる)

地下生菌(シクエストレート菌)の系統分類

きのこ(子実体)を形成する菌類のうち、落ち葉の下や地中にきのこを形成するものを地下生菌といいます。高級食材として有名なトリュフの仲間も地下生菌に含まれます。地下生菌の多くは、きのこの内部に胞子をつくるため、自力で胞子を遠くへ散布することができません。そのため、昆虫、小型哺乳類などにきのこを食べてもらうことで胞子を散布していると考えられています。また、多くは球状のきのこを形成しますが、実は菌類の様々な系統から似たような形に進化してきたことが分かってきています。私は、これらの菌がどのような菌類から進化してきたのか(系統関係)を明らかにし、分類体系を構築・整理することを主要な研究テーマとしています。
  地下生菌について詳しくお知りになりたい方は、[自然科学のとびら Vol.18, No.1, 2012]PDFファイル(6.5MB)をご覧ください。

菌根菌の生態や系統、多様性に関する研究

植物と菌類は、菌根と呼ばれる構造を植物の根に形成し、成長に必要な養分を補い合いながら、様々な環境下で共生してきました。上記の地下生菌の多くも、特定の樹木と菌根を形成し、共生しています(このような菌を菌根菌といいます)。私は、共同研究者とともに、これら菌根菌の生態や系統関係についての研究を手がけています。

ネズミツチダマタケ

クロヤマイグチ

図1. ネズミツチダマタケ Rossbeevera griseovelutina Orihara  2011年に筆者により新種として発表された地下生菌です。ヤマイグチの仲間(図2)と共通の祖先から進化した菌であることが明らかになりました(写真はクロヤマイグチ)。

クルミタケ属菌の一種

オオシトネタケ

図3. クルミタケ属菌の一種 (Hydnotrya sp.). 形は上記のネズミツチダマタケと似ていますが、直接的な類縁関係はなく、図4に示したオオシトネタケなどと共通の祖先から進化した地下生菌です。

専門分野の論文および総説

  • Orihara T, Lebel T, Ge Z-W, Smith ME, Maekawa N. (2016) Evolutionary history of the sequestrate genus Rossbeevera (Boletaceae) reveals a new genus Turmalinea and highlights the utility of ITS minisatellite-like insertions for molecular identification. Persoonia 37:173–198.
    http://dx.doi.org/10.3767/003158516X691212外部リンク
    和文による論文紹介
  • 矢野倫子,矢野清志,山本幸憲,折原貴道. (2016) 日本初記録の2分類群を含む神奈川県鎌倉市広町緑地の変形菌相. 神奈川県立博物館研究報告 45: 69–79.
  • Orihara T, Ohmae M, Yamamoto K. (2016) First report of Chamonixia caespitosa (Boletaceae, Boletales) from Japan and its phylogeographic significance. Mycoscience 57: 58–63.
    http://dx.doi.org/10.1016/j.myc.2015.08.005外部リンク
    和文による論文紹介
  • 中島淳志, 折原貴道. (2015) ミカン果実上のアジア新産種Talaromyces cecidicolaおよびその基質依存的なシンネマの形態変化. 神奈川自然誌資料 36: 1–6.
  • 矢野倫子,矢野清志,山本幸憲,折原貴道. (2015) 富士山静岡県域の変形菌. 神奈川県立博物館研究報告 44: 49–70.
  • 折原貴道. (2014) イグチ科シクエストレート菌未知系統の探索と分類、および進化的・地理的起源の解明. IFO Research Communications 28: 128.
  • 矢野倫子,矢野清志,折原貴道,山本幸憲. (2014) 真鶴半島の変形菌相. 神奈川県立博物館研究報告 43: 67–71.
  • 折原貴道,岡田豊太郎,大宮司俊彦,高木望. (2014) 神奈川県におけるショウロの発生状況. 神奈川県立博物館研究報告 43: 63–66.
  • 保坂健太郎,井口潔,折原貴道. (2013) 明治神宮境内より採集された担子菌類. 鎮座百年記念第二次明治神宮境内総合調査報告書 pp. 125–134. (査読無)
  • 佐藤大樹,折原貴道. (2013) ブユ幼虫の腸内寄生菌Pennella angustispora(ハルペラ目)の神奈川県初記録. 神奈川自然誌資料 34: 21–23.
  • 矢野倫子,矢野清志,山本幸憲,折原貴道. (2013) 逗子市神武寺の変形菌相継続調査―昭和天皇の採集氏を中心に―. 神奈川県立博物館研究報告 42: 13-22.
  • Orihara T, Smith ME, Ge Z-W, Maekawa N. (2012) Rossbeevera yunnanensis (Boletaceae, Boletales), a new sequestrate species from southern China. Mycotaxon 120: 139-147.
    http://dx.doi.org/10.5248/120.139 外部リンク
  • Orihara T, Smith ME, Shimomura N, Iwase K, Maekawa N. (2012) Diversity and systematics of the sequestrate genus Octaviania in Japan: two new subgenera and eleven new species. Persoonia 28: 85-112.
    http://dx.doi.org/10.3767/003158512X650121 外部リンク
  • Yagame T, Orihara T, Selosse M-A, Yamato M, Iwase K. (2012) Mixotrophy of Platanthera minor, an orchid associated with ectomycorrhiza-forming Ceratobasidiaceae fungi. New Phytologist 193: 178-187.
  • Lebel T, Orihara T, Maekawa N. (2012) The sequestrate genus Rosbeeva T.Lebel & Orihara gen. nov. (Boletaceae) from Australasia and Japan: new species and new combinations. Fungal Diversity 52: 49-71.
    [Lebel T, Orihara T, Maekawa N. (2012) Erratum to: The sequestrate genus Rossbeevera T.Lebel & Orihara gen. nov. (Boletaceae) from Australasia and Japan: new species and new combinations. Fungal Diversity 52: 73.]
  • 折原貴道, 前川二太郎 (2010) きのこ類の近年の分類体系について. 菌蕈 56 (11): 24-30.
  • Orihara T, Sawada F, Ikeda S, Yamato M, Tanaka C, Shimomura N, Hashiya M, Iwase K. (2010) Taxonomic reconsideration of a sequestrate fungus, Octaviania columellifera, with the proposal of a new genus, Heliogaster, and its phylogenetic relationships in the Boletales. Mycologia 102 (1): 108-121.
  • Orihara T, Kasuya T, Phongpaochit S, Dissara Y. (2008) Radiigera tropica (Geastraceae, Geastrales), a new species from a tropical rain forest of Thailand. Mycotaxon 105: 111-117.
  • 大藪崇司, 折原貴道, 岩瀬剛二.(2007)日本国内に植栽されたユーカリ樹木の生理生態と大型菌類の発生消長. 環境情報科学論文集21: 65-68.
  • Kasuya T, Orihara T, Fukiharu T, Yoshimi S. (2006) A lycoperdaceous fungus, Arachnion album (Agaricales, Arachniaceae) newly found in Japan. Mycoscience 47: 385-387.

学会発表(国際学会;招待講演を含む)

  • Orihara T, Trappe JM, Castellano MA, Claridge AW. (2015) Multigene analyses unveil the phylogenetic position of the Australasian sequestrate provisional genus, “Pogisperma” (Boletaceae, Boletales). Asian Mycological Congress 2015 (AMC 2015), Goa University, Goa, India, 7 Aug. 2015. *Poster Presentation Award (2nd prize) 受賞.
  • Hosaka K, Kasuya T, Orihara T, Nam K-O. (2015) Endangered or not - a case study on a presumably threatened species of truffle-like fungus from the oceanic islands in Japan. Asian Mycological Congress 2015 (AMC 2015), Goa University, Goa, India, 10 Aug. 2015.
  • Orihara T. (2014) Recent progress in systematics of Leccinum-related sequestrate fungi (Boletaceae, Boletales). Special seminar at Key Laboratory for Plant Diversity and Biogeography of East Asia, Kunming Institute of Botany, Chinese Academy of Sciences, Kunming, Yunnan, China, 18 Aug. 2014.
  • Orihara T. (2014) Island phylogeography of truffles: incredibly high genetic diversity of Octaviania subg. Parcaea (Boletaceae) in the Japanese Archipelago. 10th International Mycological Congress (IMC10), Bangkok, Thailand, 4–8 Aug. 2014.
  • Orihara T, Smith ME. (2013) Unique phylogenetic position of an African sequestrate fungus, Octaviania ivoryana, within Boletaceae (Boletales, Agaricomycotina). Asian Mycological Congress 2013 (AMC2013), China National Convention Center, Beijing, China, 19–23 Aug. 2013.
  • Orihara T, Lebel T, Ge, Z-W, Smith ME, Maekawa N. (2013) Phylogeny and systematics of the sequestrate basidiomycete genus, Rossbeevera and allies (Boletaceae, Boletales). Mycology Colloquium in the FUNNZ 2013 Foray, Matawai, New Zealand, 15 May 2013.
  • Sato H, Degawa Y, Orihara T. (2012) Gut-Living Fungi of Aquatic Insects In Japan: Harpellales (Zygomycota) Collected in 2011-2012. The First Symposium of the Benthological Society of Asia. Matsumoto, Nagano, Japan, 11–14 June 2012.
  • Orihara T, Lebel T, Smith ME, Ohmae M, Maekawa N (2011) Systematics of Leccinum-related sequestrate fungi (Boletaceae) and variability of minisatellite-like insertion within the nuc-rDNA ITS region. Symposium at Asian Mycological Congress 2011 (AMC2011), University of Incheon, Incheon, Korea, 7 Aug. 2011.
  • Orihara T, Okamoto K, Ohmae M, Maekawa N. (2010) Demystifying Phylogeny and Diversity of the Sequestrate Genus, Chamonixia in Japan. 9th International Mycological Congress (IMC9): The Biology of Fungi. Edinburgh, Scotland, UK, 5 Aug. 2010.
  • Orihara T, Ohmae M, Shimomura N, Okamoto K, Yamato M, Iwase K, Maekawa N. (2009) Diversity and phylogeny of the sequestrate fungi related to Leccinum (Boletaceae) in Japan. Oral presentation. Asian Mycological Congress 2009. 18 Nov. 2009, National Museum of Natural Science, Taichung, Taiwan.
  • Orihara T, Shimomura N, Yamato M, Iwase K, Maekawa N. (2009) Species diversity of the sequestrate genus, Octaviania in Japan revealed by molecular phylogenetic and ultrastructural studies and its evolutionary inference. International Conference on Fungal Evolution and Charles Darwin: From Morphology to Molecules. p. 28, Sirindhorn Science Home, Thailand Science Park, Pathumthani, Thailand, July 2009.
  • Orihara T, Yamato M, Ikeda S, Iwase K. (2007) What is Japanese “Hydnangium carneum” ―a proposal of a new sequestrate genus in Russulaceae and first finding of true H. carneum from Japan. Abstracts of the Asian Mycology Congress (AMC2007), p37, Parkroyal Penang, Penang, Malaysia, Dec. 2007.
  • Orihara T, Yamato M, Ikeda S, Iwase K. (2007) Taxonomical reevaluation of two sequestrate (truffle-like) fungi, Octaviania columellifera and “Japanese O. asterosperma” (Boletales, Basidiomycota) based on morphological characterization and molecular phylogenetic analyses. The 4th International Joint Symposium between Korea and Japan “The Recent Status and Perspectives of Agricultural Environment and Biotechnology”, p250, Tottori University, Tottori, Japan, Nov. 2007.
  • Iwase K, Orihara T, Oyabu T, Ikeda Y, Yamato M, Kurusu T, Ono Y. (2006) Adaptation of introduced exotic tree, Eucalyptus, to Japanese environment. Proceedings of the International conference on Ecological Restoration in East Asia 2006, p44, Osaka, Japan, June 2006.
  • Orihara T, Sawada F, Ikeda S, Yamato M, Iwase K. (2005) Taxonomical reconsideration of Octaviania columellifera (Japanese name, jagaimo-take) and its phylogenetic relationships to Boletaceae. Proceedings of the MSA/MSJ joint meeting 2005, p176, Hilo, Hawaii, USA, Aug. 2005.
  • Goto Y, Ando Y, Maruyama K, Sasaki H, Masai T, Orihara T, Shimono Y, Fukiharu T, Osaku K. (2005) Poisonous mushrooms in Japan: their taxonomy, toxicology and folklore. Proceedings of the MSA/MSJ joint meeting 2005, p117, Hilo, Hawaii, USA, Aug. 2005.

学会発表(国内学会;過去5年間)

  • 折原貴道, (2015) 琉球列島におけるシクエストレート菌の遺伝的分化—ホシミノタマタケ属菌の例. 日本菌学会第59回大会, 那覇, 2015年5月16–17日.
  • 大坪奏, 折原貴道, 出川洋介 (2015) 今関六也氏菌類図譜の学術的重要性. 日本菌学会第59回大会, 那覇, 2015年5月17日.
  • 矢野倫子,矢野清志,山本幸憲,折原貴道 (2015) 富士山静岡県域の変形菌. 日本変形菌研究会大会,国立科学博物館(東京),2015年2月28日.
  • 折原貴道, Teresa Lebel, Zai-Wei Ge, Matthew E. Smith (2014) 核およびミトコンドリア系統樹のトポロジー比較から探る,Rossbeeveraおよびその類縁菌の複雑な進化史. 日本菌学会第58回大会, 小松, 2014年6月15日.
  • 大前宗之, 山本航平, 折原貴道 (2014) チャワンタケ科シクエストレート菌Delastria sp.の国内初報告および属内の系統的多様性. 日本菌学会第58回大会, 小松, 2014年6月15日.
  • 大坪奏, 折原貴道, 出川洋介 (2014) 神奈川県博の今関六也コレクション. 日本菌学会第58回大会, 小松, 2014年6月14–15日.
  • 折原貴道 (2014) イグチ科シクエストレート菌未知系統の探索と分類,および進化的・地理的起源の解明. 公益財団法人発酵研究所 第8回研究助成報告会,大阪,2014年6月5日.
  • 矢野倫子, 矢野清志, 折原貴道, 山本幸憲 (2014) 真鶴半島の変形菌相. 2014年日本変形菌研究会大会, 大阪, 2014年3月9日.
  • 折原貴道, 佐々木廣海, 奈良一秀 (2013) コガネショウロタケの系統的位置. 日本菌学会第57回大会, 東京, 2013年6月.
  • 折原貴道, 大前宗之, 山本航平 (2013) イグチ科シクエストレート菌Chamonixia caespitosa の日本における初記録と系統地理. 平成25年度日本菌学会関東支部年次大会, 千葉, 2013年4月.
  • 折原貴道, Matthew E. Smith, 前川二太郎 (2012) Octaviania 属の系統分類:亜属レベルの分類とITS挿入配列によるそれらの評価. 日本菌学会第56回大会, 岐阜, 2012年5月.
  • 大前宗之, 折原貴道, 前川二太郎 (2011) 日本産Hydnotrya(クルミタケ属)の分子系統. 日本菌学会大55回大会, 北海道, 2011年9月.
  • 折原貴道, Teresa Lebel, Matthew E. Smith, 大前宗之, 前川二太郎 (2011) ヤマイグチ属Leccinum に近縁なシクエストレート菌の2新属. 日本菌学会大55回大会, 北海道, 2011年9月.
  • 下野義人, 大藪崇司, 折原貴道, 岩瀬剛二 (2010) 京都市にあるビオトープ「いのちの森」の菌類相. 日本菌学会第54回大会, 東京, 2010年5月.
  • 折原貴道, 岡本賢治, 霜村典宏, 岩瀬剛二, 前川二太郎 (2010) シクエストレート菌Octaviania(ホシミノタマタケ属)の分子系統とその多面的評価. 日本菌学会第54回大会, 東京, 2010年5月.

受賞

  • 神奈川県教育委員会職員功績賞(個人) 折原貴道(2016)イグチ科地下生菌に関する研究に対する表彰. 神奈川県庁, 2016年3月30日.
  • Poster Presentation Award, 2nd prize.  Orihara T, Trappe JM, Castellano MA, Claridge AW. (2015) Asian Mycological Congress 2015 (AMC 2015; アジア菌学会議2015), Goa University, ゴア, インド, 2015年10月7日.
  • NIOC賞  谷亀高広, 折原貴道, Marc-André Selosse, 大和政秀, 岩瀬剛二 (2011) 名古屋国際蘭会議 (NIOC). 2011年3月11日.
  • The Best Student Poster Presentation Award.  Orihara T, Shimomura N, Yamato M, Iwase K, Maekawa N. (2009) International Conference on Fungal Evolution and Charles Darwin: From Morphology to Molecules. Thailand Science Park, タイ王国, 2009年7月11日.
  • 学生優秀発表賞  折原貴道 (2007) 日本菌学会第51回大会, つくば, 2007年5月27日.

研究助成金獲得状況

  • 科研費 基盤研究 (C) (分担;農学:森林圏科学) 2016年4月–2018年3月(予定)
    研究課題:日本国内の林地にみられるアーバスキュラー菌根菌群集に関する研究
  • 科研費 若手研究 (B) (基礎生物学:生物多様性・分類) 2013年4月–2016年3月
    研究課題:島嶼における系統地理から探る、きのこ類の収斂的な地下生化の起源
  • 公益財団法人発酵研究所 平成24年度一般研究助成  2012年4月–2014年3月
    研究課題:イグチ科シクエストレート菌未知系統の探索と分類、および進化的・地理的起源の解明
  • 特別研究員奨励費(日本学術振興会 特別研究員DC1) 2009年4月–2011年3月
    研究課題:地下生担子菌類香気成分の繁殖生態学的意義の解明と系統進化・分類学への適用

所属学会および研究会

  • 日本菌学会 (2015–16年度 評議員、国際集会担当幹事)
  • 米国菌学会 (Mycological Society of America)
  • 日本進化学会
  • 日本菌学会関東支部 (2015–16年度 企画幹事 [菌類観察会担当])
  • 菌学若手の会
  • 神奈川キノコの会、菌類懇話会、幼菌の会、関西菌類談話会 など

展示(みせる)

平成27年度特別展『生き物を描く~サイエンスのための細密描画~』 2015.7 2015.11

昆虫担当学芸員の渡辺とともに、さまざまな生物画を、科学における重要性に着目して集めた特別展を、主担当の一人として企画・開催しました。また、本特別展の展示解説書の編集・構成も担当しました。

今関六也氏および本郷次雄氏の菌類画コレクションの展示準備の様子

今関六也氏および本郷次雄氏の菌類画
コレクションの展示準備の様子

特別展『生き物を描く~サイエンスのための細密描画~』の展示ブース

特別展『生き物を描く~サイエンスのための細密描画~』
の展示ブース

博物館ミニ展示『菌類のミクロワールド』 2011.11 ~ 2012.1

博物館菌類ボランティアグループの方々の協力のもと、普段私たちの目では見えない菌類の微小な世界を再現しました。菌類がつくり出す胞子など様々な組織の模型を、同縮尺のアリと大きさを比べられるようにし、実際の大きさをイメージできるよう工夫しました。

教育・普及(つたえる)

大坪奏学芸員と共同で、普段あまりじっくりと見る機会のない、身近なカビやキノコの自然の中での役割や性質などについて、やさしく学ぶための講座を開催しています。また、菌類の世界の面白さ、奥深さを伝えるさまざまな講座・講演会を館内外で行っています。

2016年度開催の講座

菌学事始め 2016年5月14–15日(担当:大坪・折原)
きのこさがし 2016年7月17日(小中学生向け)
秋のきのこの観察と同定 2016年10月2日 など

2015年度開催の講座

身近なカビの実験と観察 2015年8月
きのこの観察と同定入門 2015年10月
菌学事始め 2015年11月 など

2014年度開催の講座

菌学事始め中級編 2014年7月 (* 初級編は大坪学芸員が分担 [2014年5月])
秋のきのこ観察講座 2014年10月 など

2013年度開催の講座

菌学事始め中級編 2013年6月 (* 初級編は大坪学芸員が分担 [2013年5月])
味噌づくりの現場を見に行こう 2013年7月
秋のきのこ観察講座 2013年10月

2012年度開催の講座

菌学事始め中級編 2012年6月
夏休み菌類観察会~きのこ・カビ・変形菌を調べよう~ 2012年7月
秋のきのこ観察講座 2012年10月

2011年度開催の講座

菌学事始め 入門編 2011年6月
身近なカビの実験と観察 2011年8月
菌学事始め 初級編 2012年1月 など

新しい菌類分類体系の普及

菌類の分類体系は、以前は形態的な特徴に基づいて整理されていました。しかし、1990年代中ごろから、DNA情報に基づいて系統関係を 調べる研究が盛んになり、21世紀に入って、形態に基づいたこれまでの分類体系が大きく変更されました。私は、国内の研究者やアマチュア愛好家と共同で、 このような菌類の新しい分類体系を広く一般に普及する取り組みを率先して行っています。

関連業績(抜粋)
  • 折原貴道, 長沢栄史, 細谷剛, 小林久泰 (2010) 2009年度日本菌学会菌類観察会で採用した新しい分類体系について. 日本菌学会ニュースレター 2010-1: 6-8.
  • 折原貴道, 前川二太郎 (2010) きのこ類の近年の分類体系について. 菌蕈 56 (11): 24-30.
  • 折原貴道 (2012) きのこの形に秘められた進化の歴史. 第101回サロン・ド・小田原講演会, 神奈川県立生命の星・地球博物館, 神奈川.
  • 折原貴道 (2013) “新しい”菌類分類体系ができるまで. くさびら(神奈川キノコの会 会報)35: 3-8.