• 展示

【ミニ企画展示】地層実験 ―お天気のしましま― を“よむ”
特別展「地球を『はぎ取る』」で作った114日間の地層

展示全景

この展示は終了しました。

展示内容紹介

2017年7月15日から11月5日まで開催した特別展「地球を『はぎ取る』〜地層が伝える大地の記憶〜」では、地層はぎ取り標本を中心とした展示により、大地が秘めたさまざまな記憶を読み解きました。

この読み解きの面白さは、地層は下から順番に積み重なりながら、時の流れやたまった場所、そこで起こった事件などを記録していることにあります。その基本的な原理を視覚的に伝えるため、特別展の期間中、天気と入館者数に応じて1日1層ずつ地層をため続ける実験を展示室内で行いました。

計114日間(特別展開始前の11日間と特別展会期中103日間)をかけて、時には想定外の事態も発生しながら、時や事件が記録された地層が完成しました。

この展示では実験で作った地層を紹介し、この地層を実際の地層を観察するように読み解きながら、特別展の期間中どんなことが起こったのかを振り返ります。

 

※ 2階ミュージアムライブラリー入口で開催しています。

 

地層の材料となった砂の画像

地層の材料とした、3色の砂。

実験で完成した地層には事件(液状化)の痕跡が残る。

特別展で作った地層。

 

展示会概要

2017年度ミニ企画展示「地層実験 ―お天気のしましま― を“よむ” 特別展「地球を『はぎ取る』」で作った114日間の地層」
開催期間 2017年11月17日(金曜) 2017年12月3日(日曜)
開催時間 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日 トップページのカレンダーを参照
問合せ先 神奈川県立生命の星・地球博物館
〒250-0031 神奈川県小田原市入生田499
電話:0465-21-1515 ファックス:0465-23-8846