• 展示

「地球を「はぎ取る」 ~地層が伝える大地の記憶~」の最新情報

7月20日 特別展関連企画:エントランスホールにて、地層はぎ取り標本を期間限定公開中です!
7月15日 展示解説書を販売開始しました。
7月15日 「はぎ取り展」、本日オープン!皆様のご来館をお待ちしております。
6月20日 自然科学のとびら」87号に特別展の記事が掲載されています。
6月17日 チラシのPDFを掲載しました。
5月25日 特別展関連ワークショップ情報を公開しています!
5月25日 特別展関連講座のお申込みを開始しています!
5月25日 特別展について情報を公開しました。

 

一覧を見る

7月20日 特別展関連企画:エントランスホールにて、地層はぎ取り標本を期間限定公開中です!
7月15日 展示解説書を販売開始しました。
7月15日 「はぎ取り展」、本日オープン!皆様のご来館をお待ちしております。
6月20日 自然科学のとびら」87号に特別展の記事が掲載されています。
6月17日 チラシのPDFを掲載しました。
5月25日 特別展関連ワークショップ情報を公開しています!
5月25日 特別展関連講座のお申込みを開始しています!
5月25日 特別展について情報を公開しました。

 

【特別展】地球を「はぎ取る」
~地層が伝える大地の記憶~

はぎ取り展チラシ画像表

はぎ取り展チラシ画像裏

A4版チラシの
PDFファイルをダウンロードできます

メインビジュアル

展示内容紹介

地層には、大地の記憶がきざまれています。いつ、どんな場所でできたのかという“時”や“場所”の記憶。地震や火山の噴火などの“事件”の記憶…。地層は、大地のさまざまな記憶を秘めた、貴重な「古文書」です。
当館ではこれまで、崖に接着剤をつけてはがし取った「地層はぎ取り標本」を、たくさん集めてきました。この特別展では、大型の「地層はぎ取り標本」を多数展示して、その中に秘められた“大地の記憶”を読み解きます。多種多様な地層の奥深さ、模様の美しさをお楽しみください。

 

展示解説書 「地球を『はぎ取る』~地層が伝える大地の記憶~」(A4判 108ページ フルカラー 900円、目次PDF(481KB) )は当館ミュージアムショップにて発売しています。(通信販売もしています。)
はぎ取り展展示解説書表紙はぎ取り展図録はぎ取り展図録はぎ取り展図録

 

(1)時の記憶

地層は、時の流れを記録しています。地層のはぎ取り標本と、実験展示を通して、地層の原理について解説します。

はぎ取り標本

毎年の季節変動が記録された湖の地層のはぎ取り標本(栃木県那須塩原市)

(2)事件の記憶

地層は、地震、津波、液状化、乱泥流、火山噴火など、さまざまな地質現象を記録しています。地層のはぎ取り標本から、大地で起こった“事件”を読み解きます。

はぎ取り標本

液状化による噴砂脈の地層はぎ取り標本(小田原城)

(3)場所の記憶

地層は、たまる場所によって、種類も模様も違うものとなります。繊細な模様の美しさもお楽しみください。

はぎ取り標本

約2.4億年前の層状チャート(岐阜県各務ヶ原市)

(4)現場の記憶〜大地を標本にする方法〜

地層はぎ取り技法をはじめとした、現場を保存する方法を紹介します。また、地層標本や情報を博物館で保存していく意義について解説します。

はぎ取り標本

地層はぎ取り作業の様子(厚木市)

 

関連行事

特別展示関連 ワークショップ

地層バイキング 〜ホットメルトで地層はぎ取り体験

内容

机の上に様々な地層の岩石標本がバイキング料理店のように並んでいます。お好みの部分を、セルフサービスではぎ取って、お持ち帰りください。

地層バイキングの手順

 

<注意>接着剤(ホットメルト)をガスライターで加熱、接着させて岩石標本から小さな剥ぎ取り標本をつくり、ハサミで切って台紙に貼り付けます。ガスライターとハサミを使った作業は、小学生以下のお子様は見学とし、保護者の方が行ってください。


本講座は日本科学協会の笹川科学研究助成による助成を受けたものです。

日程

・7月17日(月曜・祝日)13時~15時
・8月13日(日曜)10時~12時、13時~15時
・8月16日(水曜)10時~12時、13時~15時
・8月17日(木曜)10時~12時、13時~15時
・9月24日(日曜)13時~15時

場所 当博物館 3階実習実験室
対象 どなたでも(小学生以下は保護者同伴が必須)
参加方法 当日受付

地層バイキング、手順を教わる様子地層バイキング、炙ったホットメルトを地層に押し付ける様子地層バイキング、はぎ取った三浦半島の地層の数々

 

ワンポイント展示解説

日程

7月16日(日曜)、8月6日(日曜)、9月3日(日曜)、10月1日(日曜)、11月5日(日曜)

場所 当博物館 特別展示室
時間 ①11時~、②13時15分~ (各回とも15〜30分間程度)
対象 どなたでも(内容は大人向けです)
参加方法

申し込み不要(特別展観覧券が必要です)

解説の様子解説の様子解説の様子

 

特別展示関連 講演会・シンポジウム

講演会

演題

・地層はぎ取り標本の作り方:石浜佐栄子(当博物館学芸員)

・はぎ取り試料から明らかにする古生物の行動:清家弘治 氏(東京大学大気海洋研究所)

日程 9月9日(土曜)
時間 13時30分~15時30分
場所 当博物館 1階講義室
対象 どなたでも(内容は大人向けです)
参加方法 申し込み不要(無料)

第125回 サロン・ド・小田原 (友の会共催)

演題

「地球の現場の保存と再現」

内容

はぎ取りをはじめとした「造形保存」の第一人者である森山哲和氏を迎え、当博物館の館長であり地学系学芸員の平田が「地球の現場の保存と再現」について語ります。

話題提供 森山哲和 氏(考古造形研究所)、平田大二(当博物館館長)
日程 9月30日(土曜)
時間 14時~16時20分
場所 当博物館 1階講義室
対象 どなたでも(内容は大人向けです)
参加方法 申し込み不要(無料)

公開シンポジウム

演題 「”はぎ取り”で保存する―土壌、遺跡、地層の世界」
内容

即物的な資料である“はぎ取り”は、いくつかの分野での資料保存に活用されています。土壌学分野では、モノリスという形で土壌の標本を収集しています。考古学分野では、貝塚の断面保存からはぎ取りの技法が発達しました。また、地質学分野でも、地層を標本とすべく、はぎ取り標本の収集が盛んになっています。
このシンポジウムでは、はぎ取り標本をなぜ集め、どのように活用されるのかという博物館の基礎活動のほか、“はぎ取り”はアートの世界ではどのように映るのか、空間の再現という文脈で捉えるとはぎ取り標本はどのような意義を持ち出すのか等々、みなさんと一緒にさまざまな観点から“はぎ取り”を見つめたいと思います。

話題提供

大倉利明 氏(農研機構・農業環境変動研究センター)
橋口 豊 氏(横浜市歴史博物館)
森山哲和 氏(考古造形研究所)
笠間友博(当博物館学芸員)

日程 10月21日(土曜)
時間 13時~16時20分
場所 当博物館 1階SEISAミュージアムシアター
対象 どなたでも(内容は大人向けです)
参加方法 申し込み不要(無料)

 

特別展示関連 講座・野外観察会

しましま地層のナゾをとく (室内講座)

 詳細・申込み方法

日程 8月11日(金曜・祝日)
時間 10時~12時
場所 当博物館
対象 小学4年~6年生(保護者の同伴は任意、見学のみ)
参加方法 事前申込み制、申し込み締め切り7月25日(火曜)

教員対象講座「先生のための地層学入門」 (室内講座)

 詳細・申込み方法

日程 8月12日(土曜)
時間 10時~12時
場所 当博物館
対象 教員
参加方法 事前申込み制、申し込み締め切り7月4日(火曜)

秋の地形地質観察会 (野外観察会)

 詳細・申込み方法

日程 9月18日(月曜・祝日)
時間 10時~15時
場所 山北町~南足柄市
対象 保護者同伴の小学4~6年生、中学生~大人
参加方法 事前申込み制、申し込み締め切り8月29日(火曜)
備考 雨天中止

 

友の会で関連する行事(会員限定)

地話懇話会 (当日受付)

日程 8月23日(水曜)
時間 15時~16時30分
場所 当博物館 1階講義室および特別展示室
対象 友の会会員

大磯丘陵の地質を巡る (野外観察会、事前申込制)

日程 10月15日(日曜)
時間 9時~16時
場所 二宮町周辺
対象 友の会会員

 友の会について

展示会概要

2017年度特別展「地球を「はぎ取る」 ~地層が伝える大地の記憶~」
開催期間 2017年7月15日(土曜) 2017年11月5日(日曜)
開催時間 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日 トップページのカレンダーを参照
観覧料
観覧料
(常設展含む)
    個人     団体
(有料人員20人以上)
20歳以上65歳未満
(学生を除く)
720円 610円
15歳以上20歳未満・学生
(中学生・高校生を除く)
400円 300円
高校生・65歳以上 200円
中学生以下 無料

注)学生の方は学生証、満65歳以上の方は、年齢を確認できるもの(運転免許証など)をお持ちください。
注)障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方は、手帳提示で観覧料は免除(無料)となります。総合案内にてご提示ください。

 

主催 神奈川県立生命の星・地球博物館
後援

神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)、日本地質学会、日本堆積学会、日本第四紀学会、日本ペドロジー学会、箱根ジオパーク推進協議会

協力 農研機構・農業環境変動研究センター

 

問合せ先 神奈川県立生命の星・地球博物館
〒250-0031 神奈川県小田原市入生田499
電話:0465-21-1515 ファックス:0465-23-8846