砂の自然史

砂の自然史(Natural History of Sand)

博物館では、
今、砂を収集しています。

多くの人に、
砂を集める協力を呼びかけています。

その目的は、
砂を集めるという作業を通じて、
一人でも多くの人が
自然や自然の営みに
興味を持ってもらうことです。

砂を通じて、
自然への扉を開けてください。

Now our museum collects sand.

We call people
to cooperation of collecting sand.

Our project started the reason why people as much as possible
would be interested to nature
and natural history through collecting sand

Please open the door to nature
from sand.

「砂の自然史」の趣旨

「砂の自然史」から自然への回帰へ

神奈川県立生命の星・地球博物館の地学グループでは砂を集めています。
それは、砂を集めることによって、自然回帰を目指すためです。

子供や市民の理科離れがいわれて久しいです。
しかし、子供や市民は決して自然に興味を失っているわけではありません。
自然に親しむ「きっかけ」や「場」を無くしているだけなのです。
このホームページでは、砂を題材にして、自然に親しむきっかけづくりをおこなっています。

私たちは、砂を通じて、多くの市民が自然への回帰ができるのではないかと考えています。
その自然回帰の方法が、このホームページ「砂の自然史」です。

2001年から、大勢の方に呼びかけて身近な地域の砂を集め、データベースをつくっています。
みなさんも身近な砂を集めて、届けてください。
おそらく何度か砂を採ってくるにつれて 、どんな砂なのだろう、どこから流れてきた砂なのだろうとか、砂の性質やでき方など、各種の疑問が湧いてくると思います。
それを、自然への回帰のきっかけとして活用することが目的です。

2010年1月21日
学芸員 平田大二

砂の資料リスト(更新日2020年03月20日)

砂の資料全リストこちら