展示
トップページ
展示
特別展・企画展・ミニ企画展示

特別展・企画展・ミニ企画展示

特別展

絶海の自然 ―硫黄列島をゆく―

2021年度特別展「絶海の自然―硫黄列島をゆく―」のチラシ画像

無人島探検の様子や、学術調査の成果を紹介する展示です。

開催期間 2021年7月17日(土曜)から 10月31日(日曜)
開催時間 午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日 休館日案内をご覧ください
観覧料(常設展含む) 20歳から64歳:個人 720円(団体 610円)
20歳未満・学生:個人 400円(団体 300円)
高校生・65歳以上:200円
中学生以下:無料
主催 神奈川県立生命の星・地球博物館
NPO法人 小笠原自然文化研究所(IBO)
後援 東京都小笠原支庁、東京都立大学(申請中)、小笠原村、tvk(テレビ神奈川)、神奈川新聞社

特別展の詳細ページへ


 

ミニ企画展示

昔のきのこ図鑑-今関六也菌類図譜の世界-

2021年度ミニ企画展示「昔のきのこ図鑑―今関六也菌類図譜より―」のイメージ画像

この展示は終了しました

きのこ研究者が戦前から描き続けた細密画のコレクション「今関六也菌類図譜」から、さまざまな細密画や、当時はまだ珍しかったきのこ図鑑を紹介します。

開催期間 2021年7月22日(木曜・祝日)から8月29日(日曜)
開催時間 午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
開催場所 情報コーナー(2階ライブラリー入口)
休館日 休館日案内をご覧ください
観覧料 無料 ※常設展示室への入場には観覧券が必要です。

ミニ企画展示の詳細ページへ


過去の展示情報について

過去に開催された特別展、企画展、その他の展示、ミニ企画展などの情報をご覧いただけます。


 

常設展・展示ガイド

展示テーマ「生命の星・地球」の誕生から現在までの46億年にわたる地球の歴史と生命の多様性を、時間の流れを追ってわかりやすく展示しています。巨大な恐竜や隕石から豆粒ほどの昆虫まで1万点にのぼる実物標本をお楽しみください。

 

地球を考える」、「生命を考える」、「神奈川の自然を考える」、「自然との共生を考える」の合わせて4つの総合展示室から成っています。

ジャンボブック

ジャンボブック展示室は実物標本が満載された高さ3.2メートルの立体百科事典がズラリ27冊。寄贈されたコレクションやトピックスが随時紹介されています。

 

※1階展示室のみ、「展示音声ガイド」があります。これは、展示ストーリーや見どころを、1か所につき1分程度の日本語音声を聞くことができるもので、お手持ちの携帯電話やスマートフォンを使って利用することができます。また、解説は、日本語と英語の文字でも見ることができます。