展示
トップページ
展示
特別展・企画展・ミニ企画展示

特別展・企画展・ミニ企画展示

企画展

絶滅危惧種 東南アジアの霊長類―奥田達哉写真展―

2022年度企画展のチラシ画像

東南アジアのジャングルでは、霊長類の大多数の種が絶滅の危機に直面しています。主な原因は生息地の急激な森林破壊と密猟であり、いずれも人類に起因するものです。本企画展では、写真家の奥田達哉氏が撮影した写真と当館所蔵の剥製展示をとおして、東南アジアに生息する霊長類の危機的な現状および特徴的な生態を紹介します。

開催期間 2022年11月23日(水曜・祝日)から12月10日(土曜)
開催時間 9時から16時30分(入館は16時まで)
休館日 休館日案内をご覧ください
主催 神奈川県立生命の星・地球博物館、 奥田達哉(共催)
後援 神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)、WWFジャパン、
NPO法人日本オランウータン・リサーチセンター
協力 広谷浩子(当館名誉館員)・よこはま動物園ズーラシア

企画展の詳細ページへ 


ミニ企画展示

自動撮影カメラがとらえた長興山の哺乳類

ミニ企画展「西富岡・向畑遺跡の植物遺骸」の展示画像

箱根の麓に建つ当館の周辺には、山林が広がっています。

ここにはどんな野生動物が生息しているのでしょうか?

本展示では、当館から近い長興山において、2020年4月から2021年5月にかけて実施した自動撮影調査で明らかになった野生動物、特に哺乳類の生息状況を紹介します。また、2022年10月に同地で実施した講座「野生動物の自動撮影入門」の様子も紹介します。

開催期間 2022年11月3日(木曜・祝日)から12月11日(日曜)
開催時間 9時から16時30分(入館は16時まで)
休館日 休館日案内をご覧ください
展示場所 情報コーナー(2階ライブラリー入口)
観覧料 無料(常設展示室への入場には観覧券が必要です)

ミニ企画展示の詳細ページへ

次回予告 その他の展示

2022年度 子ども自然科学作品展

「その他の展示」イメージ画像

夏休みの自由研究や日頃から行っている調査研究の成果など、自然科学に関する小・中学生の研究作品を展示します。たくさんの力作を、ご家族やご友人と見にきませんか。出品された作品すべてに当館学芸員からのコメントが付けられています。

開催期間 2022年12月17日(土曜)から2023年1月9日(月曜・祝日)
開催時間 9時から16時30分(入館は16時まで)
休館日 休館日案内をご覧ください
展示場所 当博物館1階 特別展示室
観覧料 無料(常設展示室への入場には観覧券が必要です)

ミニ企画展示の詳細ページへ



 

過去の展示情報について

過去に開催された特別展、企画展、その他の展示、ミニ企画展などの情報をご覧いただけます。


 

常設展・展示ガイド

展示テーマ「生命の星・地球」の誕生から現在までの46億年にわたる地球の歴史と生命の多様性を、時間の流れを追ってわかりやすく展示しています。巨大な恐竜や隕石から豆粒ほどの昆虫まで1万点にのぼる実物標本をお楽しみください。

 

地球を考える」、「生命を考える」、「神奈川の自然を考える」、「自然との共生を考える」の合わせて4つの総合展示室から成っています。

ジャンボブック

ジャンボブック展示室は実物標本が満載された高さ3.2メートルの立体百科事典がズラリ27冊。寄贈されたコレクションやトピックスが随時紹介されています。

 

※1階展示室のみ、「展示音声ガイド」があります。これは、展示ストーリーや見どころを、1か所につき1分程度の日本語音声を聞くことができるもので、お手持ちの携帯電話やスマートフォンを使って利用することができます。また、解説は、日本語と英語の文字でも見ることができます。