展示
トップページ
展示
特別展・企画展・ミニ企画展示

特別展・企画展・ミニ企画展示

特別展

【予告】生命の星・地球博物館の30年 ―120万点から厳選した資料で振り返る―

【特別展】「生命の星・地球博物館の30年 ―120万点から厳選した資料で振り返る―」チラシ画像

平成7(1995)年3月に開館した生命の星・地球博物館は、今年度開館30周年を迎えます。県立博物館から引き継いだ約20万点の資料でスタートした当館は「集める」「調べる」「伝える」の活動を地道に重ね、30年間で資料は約6倍の約120万点に達しました。30周年という区切りの年に、これまで集めてきた資料、学術活動の根拠となった資料、特別展や講座などで使用した資料を用いて、当館の活動を振り返ります。また、学芸員やご来館のみなさまが考える当館の未来像を展示し、館長からのメッセージをお届けします。

開催期間 2024年7月13日(土曜)から 11月4日(月曜・振休)
開催時間 9時から16時30分(入館は16時まで)
開催場所 1階 特別展示室
休館日 休館日案内をご覧ください
観覧料 20歳から64歳:個人 720円(団体 610円)
20歳未満・学生:個人 400円(団体 300円)
高校生・65歳以上:200円
中学生以下:無料
主催 神奈川県立生命の星・地球博物館
後援 神奈川新聞社、tvk
協力 神奈川県立歴史博物館

特別展の詳細ページへ 

ミニ企画展示

相模川流域図

地球観測衛星画像利用鳥瞰図(宙瞰図)として、「相模川流域図」を作りました。
現在は、相模川に相模ダム(ダム湖名:相模湖)や城山ダム(ダム湖名:津久井湖)、中津川に宮ヶ瀬ダム(ダム湖名:宮ヶ瀬
)などありますが、昭和初期まではダムがありませんでした。ここでは、ダムがなかった時代や、相模ダムができたころの時代も当館所蔵の地図や鳥瞰図で紹介します。

開催期間 2024年5月30日(木曜)から6月26日(水曜)
開催時間 9時から16時30分(入館は16時まで)
開催場所 情報コーナー(2Fライブラリー入口)
休館日 休館日案内をご覧ください
観覧料 無料
※常設展示室への入場には観覧券が必要です。

ミニ企画展示の詳細ページへ



過去の展示情報について

過去に開催された特別展、企画展、その他の展示、ミニ企画展などの情報をご覧いただけます。


 

常設展・展示ガイド

展示テーマ「生命の星・地球」の誕生から現在までの46億年にわたる地球の歴史と生命の多様性を、時間の流れを追ってわかりやすく展示しています。巨大な恐竜や隕石から豆粒ほどの昆虫まで1万点にのぼる実物標本をお楽しみください。

 

地球を考える」、「生命を考える」、「神奈川の自然を考える」、「自然との共生を考える」の合わせて4つの総合展示室から成っています。

ジャンボブック

ジャンボブック展示室は実物標本が満載された高さ3.2メートルの立体百科事典がズラリ27冊。寄贈されたコレクションやトピックスが随時紹介されています。