特別展・企画展・ミニ企画展示
トップページ
展示
特別展・企画展・ミニ企画展示
【企画展】超(スーパー)普通種展―自然史研究を支える主役たち―

【企画展】超(スーパー)普通種展―自然史研究を支える主役たち―

博物館には珍しい生き物の標本だけでなく、その場所でよくみられる生き物の標本もたくさん収蔵されています。これらは「 普通種 ふつうしゅ 」とされ、その希少性のなさから、あまり注目されません。しかしながら、普通にいることで環境を測るものさしとなったり、生態を観察したり、自然と触れ合う窓口となったりと、とても重要な存在です。また、様々な環境問題により、普通にいると思っているうちに姿を消してしまった普通種の存在も、近年次々と明らかになってきています。

本展示は、当館が収蔵する普通種の標本を入口として、様々な切り口から自然史科学の世界を眺め、彼らがもつ面白さや重要性を紹介します。当館が長年の活動で集めた標本と、それらを用いた調査研究活動の実例に基づく、当館だからできる「普通じゃない普通種展」を、ぜひお楽しみください。
開催期間 2023年2月18日(土曜)から 5月7日(日曜)
開催時間 午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日 詳細は休館日案内ページをご覧ください
観覧料 無料(常設展示室への入場には観覧券が必要です)
主催 神奈川県立生命の星・地球博物館
後援 神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
協力 神奈川県環境農政局緑政部自然環境保全課、神奈川県植物誌調査会
当館では新型コロナウイルス感染症の拡大を防止し、来館者の皆さまの安全確保に努めるため、感染症拡大予防対策を実施しています。感染拡大状況により、臨時休館や来館予約制による入館制限を実施している場合もあります。各種の制限により、ご不便をお掛けすることになりますが、何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。