特別展・企画展・ミニ企画展示
トップページ
展示
特別展・企画展・ミニ企画展示
【企画展】動物のくらしとかたち―薮内正幸が描いた生態画の世界―

【企画展】動物のくらしとかたち―薮内正幸が描いた生態画の世界―

【企画展】動物のくらしとかたち―薮内正幸が描いた生態画の世界―のチラシ画像(表)
【企画展】動物のくらしとかたち―薮内正幸が描いた生態画の世界―のチラシ画像(裏)

動物のしぐさや彼らがくらしている環境を描いた「動物生態画」は、図鑑や絵本などに広く使われてきました。今回の展示では、動物画家として著名な薮内正幸氏の絵画を動物の標本や写真とともに展示し、生態画の意義や動物のくらしぶり、かたちの多様さを紹介します。

開催期間 2024年2月23日(金曜・祝日)から 5月12日(日曜)
開催時間 午前9時から午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日 休館日案内をご覧ください
観覧料 無料(常設展示室への入場には観覧券が必要です)
展示場所 1階 特別展示室
主催 神奈川県立生命の星・地球博物館
共催 薮内正幸美術館
後援 福音館書店、神奈川新聞社、tvk
協力

相模原市立博物館、サントリーホールディングス(株)、(公財)日本鳥類保護連盟、フィールド・イン風露荘、郵政博物館、青木雄司、秋山幸也、落合けいこ(やまね工房 Cotton)、加藤千晴、菊谷詩子、木村洋子、神戸宇孝、重永明生、高橋律子、松本文雄、渡邊かをり

展示内容

生態画について


『つばめ・かるがも』原画

ひとことに動物生態画といっても、用いられている画材や画法は多様で、画風も様々です。動物と共に生息環境を細かく描き入れた水彩画もあれば、あえて背景を省いて動物だけを単色で描いたペン画などもあります。ここでは、生態画の特徴や意義について紹介します。

薮内正幸 氏が描いた生態画


『どうぶつのおかあさん』原画

薮内氏の絵画の最大の特徴は、動物の骨格に基づいて描かれた「リアル」な体型です。そして、多くの作品は動物そのものを引き立たせるための工夫からか、背景が最低限に抑えられています。

図鑑に描かれた鳥たち 


愛鳥キャンペーン新聞広告「鷹渡る」原画(サシバ)

現在、動物図鑑といえばカラー写真を用いたものが数多く出版されていますが、30年ほど前まではペン画で書かれたモノカラーが主体でした。ここでは、動物の生態や形態をよりわかりやすく伝えるために工夫を凝らして描かれた絵画を紹介します。

絵本のなかの動物たち


『くちばし』表紙絵

薮内氏の絵画は子どもから大人まで広く親しまれています。ここでは絵本に登場する動物たちのくらしや、冒険物語に生き生きと描かれた動物たちを、作品とともに紹介します。
絵本から動物が飛び出してきたような空間で、大人も子どもも一緒に楽しめます。

薮内正幸 氏 プロフィール

薮内正幸 やぶうち まさゆき(1940 - 2000)

1940年大阪に生まれる。子どもの頃から動物が好きで、独学で動物の画を描き始める。 1959年、高校卒業と同時に上京。図鑑画を描くため福音館書店に入社し、図鑑・絵本の画を担当する。 他社からの画の依頼が増えたため、1971年にフリーランスに転身。動物画家として図鑑、絵本、広告など幅広い分野で活躍する。 動物たちへの温かい眼差しで描かれた作品は一万点以上遺されている。 2000年逝去。


『しっぽのはたらき』表紙絵

関連イベント


『冒険者たち ガンバと十五ひきの仲間』表紙絵